WWE・アスカを付け狙うシエイナ・ベイズラー

ベッキー・リンチがリタイヤとなった
自ら母になる事を報告、ライバルである女帝アスカにRAW女子王者のベルトを託した。
ただ託したわけではなく、マネー・イン・ザ・バンク優勝したアスカがベッキー・リンチへの挑戦は濃厚だったという事
しかし共にマネー・イン・ザ・バンクを戦った、シエイナ・ベイズラーはベッキー・リンチの行動に納得がいかない模様

シエイナー・ベイズラー
画像出典元
WWEスーパスター

「MITB」女子ラダー戦で敗れた“スペードの女王”こと元NXT女子王者シェイナ・ベイズラー(39)は、王座譲渡劇に不満を爆発させた。インタビューを受けても「祝福するつもりはない」と吐き捨て、自分は蚊帳の外でライバルのベッキーが、アスカを王者と認めたことに不快感をあらわにした。

シエイナ・ベイズラーが、女帝アスカを付け狙う可能性はあり
今後シエイナ・ベイズラーの動きに注目

現在WWE女子は、SD,RAW、NXT入り乱れての戦争
シエイナ・ベイズラーはNXT所属ながら、ベッキーリンチの保持するRAW女子王座に挑戦
SD女子王座はベイリー、RAW女子王座は女帝アスカ、NXT女子王者はなんとシャーロット・フレアー
シャーロット・フレアーは、RAW所属でNXT女子王者となった。

これを見ても明らかに交流は深い

WWE女子タッグ王者女帝アスカ・・シエイナ・ベイズラーにKOされる。


今後もシエイナ・ベイズラーが女帝アスカを付け狙う



ベッキー・リンチの離脱でWWE女子の勢力図が変わる?

ここ数年のWWE女子の勢力図は、RAWでは、ロンダ・ラウジー
シャーロット・フレアー、女帝アスカ、ベッキー・リンチこの4人がトップを走り
NXT女子では、シエイナ・ベイズラー、カイリ・セイン、紫雷イオが戦線を引っ張る
ここに日本勢が3人いるのは素晴らしい

女帝アスカはSD女子王座を獲得、カイリ・セインはNXT女子王座、WWE女子タッグ王座をアスカと獲得カブキ・ウォリアーズ旋風を起こした。

ロンダ・ラウジーはWWE参戦無敗を誇り、RAW女子王者となったがレッスルマニア35でベッキー・リンチに敗戦
シャーロット・フレアーVSロンダ・ラウジーVSベッキーリンチとの対戦はSD女子、RAW女子王座総どりでベッキー・リンチが勝利した。

敗戦したロンダ・ラウジーは、怪我のためしばらくの欠場となったが2020年いまだ復帰はない
ベッキー・リンチが2冠

WWE女子王者対決、ベッキー・リンチ、シャーロットフレアー、ロンダー・ラウジー


そして今回、ベッキー・リンチの妊娠欠場となるWWE女子
シャーロット・フレアーと女帝アスカは健在だが
カイリ・セインや紫雷イオ、シエイナ・ベイズラーなどが王者になる可能性も秘めている

今後の勢力図の変化に注目
女帝アスカVS紫雷イオなどの日本人夢のカード実現の可能性も



WWEの頂点に立った女帝アスカ、日本人対決を語る

WWE アスカ、グランドスラム達成でWWEの頂点に紫雷イオとの日本人対決は?

あわせて読みたい記事