プロレスリング・ノア若きエース清宮海斗、オカダ・カズチカと対戦要望

2018年、2019年プロレス大賞敢闘賞のプロレスリング・ノア若きエース清宮海斗

が新日本プロレスレインメーカー事オカダ・カズチカとの対戦要望を口にした。

 

オカダ・カズチカは2109年プロレス大賞MVPを受賞

2014年~2019年ベストバウトを受賞

 

ベストバウトそれは、年間で最高と言われる試合をした人物

そこにオカダ・カズチカは、6年間名を付慣れている

 

オカダ・カズチカ=最高の試合を行うレスラーという事になる

2020年32歳のオカダ・カズチカは2012年IWGPヘビー級を獲得した。

 

プロレスリング・ノアの清宮海斗も2020年現在、23歳

2019年プロレスリング・ノアの最高峰、GHCヘビー級王座を獲得した

 

オカダ・カズチカ同様団体のトップに20代前半で立った事になる。

若くしてトップに上り詰めたオカダ・カズチカではあったが、新日本プロレストップに立ってから

多くを学び今では、完全体のオカダ・カズチカが完成した。

 

そのオカダ・カズチカに清宮海斗は今挑戦すべきと考え

 

レインメーカーオカダ・カズチカに対戦を要望した。

 

オカダ・カズチカと清宮海斗

2016年プロレスリング・ノア方舟の天才と言われる、清宮海斗の先輩丸藤正道
がG1クライマックスに参戦公式戦でオカダ・カズチカを撃破して見せた

丸藤正道オカダ・カズチカを撃破

俺のナンバーワンはノアだから丸藤正道・オカダ・カズチカを撃破した丸藤の実力

三沢光晴の遺伝子が新日本プロレス最強のオカダ・カズチカをエメラルド・フロージョンで破った

同じく三沢光晴に憧れプロレスリング・ノアに入団した清宮海斗もオカダ・カズチカと対戦して

レインメーカーを体験したいとコメントした。



オカダ・カズチカが清宮海斗の挑戦を受ける可能性は?

現在オカダ・カズチカは内藤哲也からIWGPヘビー級王座を奪われ

無冠の状態ではある。

無冠とは言え、日本を超えて世界でもオカダ・カズチカ最強を唱えるものは多い

 

オカダ・カズチカがプロレスリング・ノアへの参戦はないと思われるが

清宮海斗が新日本プロレスのG1クライマックスなどへ参戦すればその可能性も見えてくる

 

新日本プロレスは、新型コロナウィルスの影響で試合を中止している

オカダ・カズチカは2020年オールスター戦を提案しており

 

その提案に清宮海斗も賛同しておりオカダ・カズチカとの対戦を希望した

プロレスリング・ノアの若きエースがオカダ・カズチカに挑むことができるのか?

コロナウイルスの収束の元その可能性の扉が開かれるか注目

プロレスリング・ノア清宮海斗
画像出典元
プロレスリング・ノア
東スポWEB

ノアのテレビマッチの新企画「NOAH“NEW HOPE”」が24日に初回放送を迎え、前GHCヘビー級王者の清宮海斗(23)が、新日本プロレスの“レインメーカー”オカダ・カズチカ(32)との初対決を熱望した。 同企画の中心選手となる清宮は、メインで元WWE戦士のレネ・デュプリ(36)とシングル戦で激突。必殺の猛虎原爆固めで快勝した。新たな戦いの舞台を「夢をかなえる場所」と設定




GHCヘビー級王者潮崎豪もエール

2020年6月現在GHCヘビー級王者の潮崎豪も、清宮海斗に他の団体との対戦を進めた

潮崎豪が欠場中、清宮海斗は主役の座に

 

武藤敬司やオカダ・カズチカとの対戦を希望、自己主張を始めた清宮海斗にエールを送った潮崎豪

業界でも注目を集めた清宮の「レインメーカー発言」について潮崎は「いいと思いますよ。発言は自由だから。発言のケツを拭くのは自分自身。言ったからには、しっかりと実現に向けて動いてほしい」と語る。外よりも団体内の活性化を優先させるべきとの見方もあるが、「アイ・アム・ノア」を標榜する王者の見解は違う。「外の選手と触れると、確実に自分の糧になりますから。俺自身も『ALL TOGETHER』とか海外だったりを経験して成長したんで。将来、外を経験した清宮と向かい合えば、より面白い防衛戦ができるはず。それはノアのためになる」

潮崎豪は全ては、プロレスリング・ノアのため、清宮海斗の成長を願った

潮崎豪のエールに清宮海斗は結果を残せるかにも注目

 

新日本プロレス再開へ動く

新型コロナウィルスでストップの興行、新日本プロレスの再開はいつか?

あわせて読みたい記事