新日本プロレスヤングライオン凱旋?

新日本プロレスには、伝統の無期限遠征選手が存在する

ヤングライオン時代に新日本プロレスでデビューして
海外遠征に旅立つ選手

その選手は無期限の遠征に旅立つ

伝統的な新日本プロレス無期限遠征である。

実力を付けた選手が凱旋帰国して華々しく新日本プロレスのリングで再デビューする

 

ヤングライオン時代とは違う、風貌コスチュームで登場

現在新日本プロレスで活躍している

無期限遠征凱旋帰国から活躍した選手たち



IWGPジュニアヘビー級タッグ王者 SHO&YOHも同じ時期に旅立だった

小松洋平、田中翔として。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロムとBUSHIも同じ時期に旅立つ

高橋広夢の時代である。

 

高橋ヒロムは遠征前の挨拶で、帰国したらIWGPのベルトを巻いてゴールデンタイムで試合をする夢をかなえますと堂々宣言

 

2020年6月現在IWGPジュニアヘビー級王者としてニュージャパンカップでトーナメントを勝ち上がっている。

高橋広夢
画像出典元
高橋広夢

新日本プロレスの伝統である、海外遠征からの帰国活躍

古くは藤波辰爾(辰巳)ドラゴンブームを巻き起こし、遠征から帰国新日本プロレスのエースとなった

 

長州力も遠征から帰国、藤波辰爾に喧嘩を打った、かませ犬発言は有名

新日本プロレスが大量離脱でピンチに陥った時

 

武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋が闘魂三銃士として帰国

新日本プロレスにムーブメントを起こした闘魂三銃士とはなんだったのか?

新日本プロレスにムーブメントを起こした闘魂三銃士とはなんだったのか?

天山広吉も凱旋帰国して大活躍した選手である。
第三世代、中西学、小島聡より先に秀でたのは天山広吉であった。

 

永田裕志や棚橋弘至、中邑真輔はプロレス不遇の時代に突入した新日本プロレス最前線で戦ってきた。

 

最もインパクトの強い凱旋帰国者はレインメーカーオカダ・カズチカであろう

棚橋弘至、中邑真輔は時代オカダ・カズチカはIWGPヘビー級王座挑戦を棚橋弘至に迫り

 

棚橋弘至からIWGPジュニアヘビー級王座を奪ってしまったレインメーカーショックである。



Way to the GrandMaster Coming soon

現在新日本プロレスで話題になってるこの動画

明らかに新日本プロレスに新しい戦士が来る

予想では新日本プロレス無期限遠征の選手であろう。

カワトサン事川人 拓来の凱旋帰国が有力との噂

2017年ヤングライオン杯準優勝でメキシコに無期限遠征となった川人 拓来

2019年CMLL世界スーパーライト級11代目王者となっている。

川人 拓来が凱旋帰国するのか?

グランドマスターの帰国気になる動画の正体は?

 

Way to the GrandMaster Coming soon

グランドマスターの正体はマスター・ワト

中国拳法を披露する川人拓来のVTRが流され、「彼の名はマスター・ワト。激動の時代に立ち向かえ。己の磨き抜いた技、そして心で。ついに新日本プロレスに舞い降りる」と紹介された。

川上拓来がマスター・ワトとなって新日本プロレスに凱旋帰国

マスター・ワト
画像出典元
NJPW

新日本プロレスの頂点をとると宣言して矢先

DOUKIから襲撃を受けた

DOUKIとマスター・ワトの大阪での対戦が組まれた。

マスター・ワト大阪城ホールに登場

DOUKIと因縁が出来たマスター・ワト

鈴木軍DOUKIと一騎打ち

マスター・ワト
画像出典元
NJPW

左とローキックを連発し、もう一度蹴ると見せかけてバックブロー。DOUKIが膝を着くとバズソーキックだ。
そして、パワーボムの体勢から後方に投げて顔面を叩きつけるジャンボスープレックスのような技を放つと、最後はコーナートップへ。トルニージョのように回転しながら落下するRPPという技を炸裂させ、DOUKIから3カウントを奪ったのだった。

あわせて読みたい記事