ニュージャパンカップ2020決勝へオカダ・カズチカ

2年連続ニュージャパンカップ決勝へ進出したオカダ・カズチカ

連覇に大手をかけた。

 

2019年はこのニュージャパンカップ優勝から

復活の狼煙を上げたオカダ・カズチカ

 

1年のほとんどをIWGPヘビー級王者として過ごすオカダ・カズチカだが

このニュージャパンカップ出場という事は、IWGPヘビー級のベルトは

他の選手が保持していると言う事になる

 

2019年は、棚橋弘至からジェイ・ホワイトがIWGPヘビー級を奪いマディソン・スクエア・ガーデン

でオカダ・カズチカを迎え撃った。

速報新日本プロレスマディソン・スクエア・ガーデン ジェイ・ホワイトVSオカダ・カズチカIWGPヘビー級選手権

速報新日本プロレスマディソン・スクエア・ガーデン ジェイ・ホワイトVSオカダ・カズチカIWGPヘビー級選手権

IWGPヘビー級王座を奪還したオカダ・カズチカ

2020年1月内藤哲也にIWGPヘビー級王座を奪われるまで守り抜いた。

 

一時は新型コロナウィルス感染の影響で、ニュージャパンカップ2020は中止となったが

緊急事態宣言解除後、新日本プロレス再開の大会に選んだのは、ニュージャパンカップであった。

1回戦外道を粉砕、2回戦鈴木みのるを破った、永田裕志を撃破

 

準々決勝はジュニアヘビー級の石森太二

準決勝はニュージャパンカップ2020の顔となった高橋ヒロムの野望を打ち砕いたオカダ・カズチカ

高橋ヒロムは、内藤哲也も保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの挑戦を

ゴールデンタイムでそんな野望を口にしていたが

 

オカダ・カズチカはIWGPジュニアヘビー級王者の意地を感じたと言いつつ

高橋ヒロムがやろうとしてる事は、そんな簡単に出来る事ではないと言い放った。

 

オカダ・カズチカの対戦相手は、ジュニアヘビー級を絡めた戦いも多く

ヘビー級の貫禄を見せた、レインメーカーで仕留めていないのはなぜか?

コブラクラッチを多用、NEWオカダ・カズチカをアピール?したのか

 

それともオカダ・カズチカの貫禄なのか?

オカダ・カズチカはコブラクラッチの多用を、オカダ・カズチカも変化してるて事とコメントを残している。

 

結果高橋ヒロムを破りオカダ・カズチカは2年連続ニュージャパンカップ決勝へ駒を進めた。




ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン相手に3連勝を目論むオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカは、高橋ヒロムとの戦い後ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン相手に3連勝といこうかとマイクアピール

高橋ヒロムに勝利、決勝の相手は、キング・オブ・ダークネスEVIL

EVILは並々ならぬ闘志で、ニュージャパンカップ決勝の切符を掴んだ

 

昨年決勝で戦ったSANADAを反則すれすれ、いや反則を使ってまで勝利を奪い取った

同門に見せた非常な攻撃

全ての試合で、非常な攻撃を見せてきたEVILはオカダ・カズチカ戦どんな手を使っても勝つと宣言

 

そんなEVILを倒しIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタル王者の内藤哲也までも倒すこれが、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン3連勝となる



オカダ・カズチカが見据える2冠解体

昨年から巻き起こった2冠論争

当時のIWGPジュニアヘビー級王者のオカダ・カズチカは不満でしかなかった

しかしその流れは止めることが出来ず

 

2019G1クライマックス覇者飯伏幸太からIWGPジュニアヘビー級を防衛するも

翌日、ジェイ・ホワイトからインターコンチネンタルのベルトを奪った

内藤哲也に敗戦、内藤哲也がIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者となった。

 

しかしその後内藤哲也はKENTAと防衛戦を行うも、2冠の防衛戦を行い

IWGPヘビー級とインターコンチネンタルはセットの防衛となっている

 

今回のニュージャパンカップ2020覇者に与えられる、権利は内藤哲也が保持する

IWGPヘビー級とインターコンチネンタルのダブルタイトル戦である

 

IWGPヘビー級のベルトしかいらないと常々言うオカダ・カズチカ

インターコンチネンタルを返上、封印を予告したレッスルキングダムで成しえなかった

2冠解体を宣言。

 

その前にEVILの存在を忘れてはいけないが、今回オカダ・カズチカがベルトを正常な形に戻せるかも注目

 

オカダ・カズチカは内藤哲也の自己満足と言う2冠王者

2冠王者解体もオカダ・カズチカのやるべき姿になった。

あわせて読みたい記事