オカダ・カズチカVSキングオブ・ダークネスEVIL NEW JAPAN CUP 2020決勝までの道のり

オカダ・カズチカ言わずと知れた、日本プロレス界の至宝である
日本プロレスの未来を背負うオカダ・カズチカ

キングオブ・ダークネスEVIL、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン加入後内藤哲也の最初のパレハとしてロスインゴベルナブレス・デ・ハポン飛躍の立役者
その2人がNEW JAPAN CUP 2020決勝へ駒を進めた。

ジュニアヘビー級戦士の活躍が目立ったニュージャパンカップ2020
NEW JAPAN CUP 2020・1回戦結果、高橋ヒロム、ヘビー級本間朋晃から勝利

NEW JAPAN CUP 2020・1回戦結果、高橋ヒロム、ヘビー級本間朋晃から勝利

レインメーカー封印、オカダ・カズチカのニュージャパンカップ2020
1回戦から準決勝





オカダ・カズチカ13歳からプロレスラーを目指し2020年現在32歳
新日本プロレスの最強と言われ、日本プロレス界の至宝でもあるオカダ・カズチカ
今回の臨んだNEW JAPAN CUP 2020ではNEWオカダ・カズチカをアピール?
となった

オカダ・カズチカと言えばレインメーカー
試合を組み立て、ツームストンからレインメーカーへとつなぐ誰もが、納得する技である
そのレインメーカーを封印?したまま決勝の舞台へ

オカダ・カズチカのニュージャパンカップ決勝は昨年に続き2年連続となり今回優勝となれば2年連続となる
異例の無観客試合で行われた、NEW JAPAN CUP 2020
外国人選手の参加は叶わず、最強のジュニアヘビー級戦士が多く参加した

組み合わせ上オカダ・カズチカの対戦相手にはジュニアヘビー級戦士との戦いがあった
IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムとも対戦した。

ジュニアヘビー級戦士は、ヘビー級戦士より力が落ちる?
そんな事を払しょくしたNEW JAPAN CUP 2020の年でもあった。

しかしオカダ・カズチカはなぜレインメーカーを出さなかったのか?
新日本プロレスへの凱旋帰国からIWGPヘビー級王座を奪い、レインメーカーショックを起こしたオカダ・カズチカ

衰退したプロレスを再び再起動させた立役者の1人
オカダ・カズチカの登場は新日本プロレスを大きく躍動させた
おそらく、ぼろぼろの状態の時も戦い続けてきたオカダ・カズチカ
最強な故に、対戦相手にファンの指示が集まる事も多かった。

しかし常に戦い続けたオカダ・カズチカだがその中に忘れてはいけない試合がファンにもオカダ・カズチカにもある。
2017年4月のIWGPヘビー級タイトルマッチ
NEW JAPAN CUP 2017で優勝した柴田勝頼がオカダ・カズチカの前に立ちはだかる

柴田勝頼は絶好調であった、NEVER無差別やブリティッシュのベルトも獲得
NEW JAPAN CUP も優勝して満を持してオカダ・カズチカの前に現れた.

柴田勝頼はオカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦しかしその結果は、敗戦
試合の敗戦より、重大な事実が、柴田勝頼は負傷、命の危機になってしまう。

試合後バックステージで倒れた柴田勝頼は、救急搬送され硬膜下血腫
5時間の緊急手術で一命を取り止めた柴田勝頼。

オカダ・カズチカの心境はどうだったのか?
過激になるプロレス
その結果、レスラーの怪我再起不能、最悪の結果も。
プロレスラーの性でもある。


「まさか自分の試合でそんなことが起きるとは…というのは、ありましたね。自分が技を
かけるのも怖くなりましたし、どうしたらいいか分からなくなってしまって、色んな人に話を聞いてもらって…。その時はたくさん泣きましたよ」(オカダ)
危険がつきものとは分かっていたが、いざ自分となると、心が折れた。

オカダ・カズチカが当時語った心境である
NEW JAPAN CUP 2017年オカダ・カズチカが優勝した時
開設席にい柴田勝頼の元へ優勝カップと共に歩み寄り握手をした時
ファンはオカダ・カズチカと柴田勝頼の雪解けを感じた。

オカダ・カズチカと柴田勝頼
画像出典元
NJPW

今回のNEW JAPAN CUP 2020のオカダ・カズチカが変形コブラクラッチをフィニッシュ技として多用したのは、ジュニアヘビー級戦士をなめているわけではなく、柴田勝頼との試合を教訓に全力で戦い、ジュニアヘビー級戦士とも交えたようにも見えた。

休業要請明けの新日本プロレス再開の試合、万全ではないのかもしれない
その結果は、YOSHI-HASHIやSHOなどは怪我で欠場に追い込まれた。
YOHは、膝十字靭帯断裂の大けがでもある。

オカダ・カズチカの使ったニューフィニッシュ変形コブラクラッチは、次々と相手を仕留めていった。
画面越しでも納得のフィニッシュ技であった。※マネークリップと命名

決勝の相手は、キングオブ・ダークネスEVIL
EVILは背水の陣のごとく、反則すれすれの危機迫る勢いで決勝までたどり着いた

オカダ・カズチカもレインメーカーに封印を解くであろうニュージャパンカップ決勝
内藤哲也の元にたどり着くのはオカダ・カズチカかキングオブ・ダークネスEVILか?
NEW JAPAN CUP 2020決勝へオカダ・カズチカ2冠解体へ動く
レインメーカー封印で飯伏幸太に敗戦G1クライマックス30

オカダ・カズチカレインメーカー解禁

レインメーカー解禁したWRESTLEKINGDOM15

凄みを見せた2人、棚橋弘至のハイフライ・フローとオカダ・カズチカのレインメーカーWRESTLEKINGDOM15で炸裂

あわせて読みたい記事