G1クライマックスBブロック内藤哲也VSキング・オブ・ダークネスEVIL

G1クライマックスBブロック公式戦で

内藤哲也VSキング・オブ・ダークネスEVILの試合が行われた

勝ち点10で独走の内藤哲也、キング・オブ・ダークネスEVILは勝ち点8

 

試合は内藤哲也が全試合20分越えの死闘を展開

一方EVILは、急所攻撃からのEVILで全ての勝利は反則そして、デック東郷がらみである

ニュージャパンカップからの遺恨が続くEVILとの確執

 

内藤哲也がベルトを取り戻したことでリセットされたかに思えたが

EVILはこの時を待っていた、試合は内藤哲也ペースで進む

コンディションもよさそうな内藤哲也

しかしデック東郷が巡らせる罠の数々、ここを切り抜けながら内藤哲也はうまく戦っていた。

いつものように、急所攻撃も食らった内藤哲也だが・・

 

試合終盤コリエンド式のディステーノを決めた、内藤哲也は一気にディステーノを仕掛ける

しかしこれを切り返したEVILは逆にEVILをさく裂、3カウントを奪ってしまった。

 

ここで勝ち点10となったEVIL内藤哲也に直接勝利したため、同点で首位となれば、EVILの決勝が決まってしまう事態になった。

内藤哲也優勝に黄信号となる。



キング・オブ・ダークネスEVIL、ジェイ・ホワイトと確執か?

バレット・クラブが不穏な動きにある

現在バレット・クラブリーダーはジェイ・ホワイト

そのジェイ・ホワイトがEVILに混乱させられている。

 

前日高橋裕二郎から反逆を食らったジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトが高橋裕二郎と対戦裕二郎反逆・・バレット・クラブ分裂の可能性は?

EVILとジェイ・ホワイトの事の発端は、キング・オブ・ダークネスEVILとKENTAの試合で起こった

EVILが同門であるKENTAへの暴挙

 

試合後バレット・クラブリーダージェイ・ホワイトは、EVILに忠告する

バレット・クラブが付いてなければ、お前程度のやつが2冠王者などなれていないと、あまり調子にのるなと

ジェイ・ホワイトは言い放つ

 

これにEVILは、何を言ってるんだろうな、お前がとれなかった2冠王者を俺が実力で取ったんだと

なら優勝決定戦で証明してもいいぞと

まるで同じバレット・クラブとは思えない状況

 

ケニー・オメガの時代の様にバレット・クラブは2分裂するのか、いやそれより複雑な展開が予想される

ニュージャパンカップから2冠王者で話題を独占したEVILが再び中心になろうとしている

内藤哲也の敗戦は再び、キング・オブ・ダークネスEVIL時代幕開けの扉を開いたのか?

ジェイ・ホワイトが高橋裕二郎と対戦裕二郎反逆・・バレット・クラブ分裂の可能性は?

外道がジェイ・ホワイトをなだめるが、ジェイ・ホワイトは外道も疑う始末

EVILの戦い方に難くせを付けた、ジェイ・ホワイトここからEVILとジェイ・ホワイトの不協和音がでる。

 

内藤哲也に勝利したEVILは、ジェイ・ホワイトにコメント残した

外道をそんなに信頼してるのか? ニヤリと・・・

キング・オブ・ダークネスEVIL
画像出典元
NJPW
G1クライマックスBブロック

バレット・クラブ分裂も匂わせる、EVILの発言にきな臭い匂いが

ジェイ・ホワイトはどんな反応をするのか?

 

外道はジェイ・ホワイトを裏切るのか?

あわせて読みたい記事