G1クライマックス30Bブロック代表は?

G1クライマックス30Aブロックの代表が、飯伏幸太に決定した

飯伏幸太は3年連続決勝で、2年連続優勝を目指す

3年連続決勝は、初の快挙

2年連続優勝は蝶野正洋、天山広吉に続き3人目となる

 

G1クライマックス30Bブロック代表は、内藤哲也、EVIL、SANADAの3人に絞られた

優位に立つのはキング・オブ・ダークネスEVIL

SANADAに勝利すれば、内藤哲也がKENTAに勝利しても

G1クライマックス30Bブロック代表となる。

 

内藤哲也がKENTAに敗戦すると、EVILとSANADAの勝者が、Bブロック代表となる。

内藤哲也は是が非でも負けれない戦いだが、Aブロックでもジェイ・ホワイトが最終戦石井智弘に敗戦

代表の座を奪えなかった。

このジェイ・ホワイトがAブロック代表になれなかった事が外道との不協和音を呼んだとも言われる

G1クライマックス30Aブロック代表決定、ジェイ・ホワイト?飯伏幸太?オカダ・カズチカ?

G1クライマックス30Aブロック代表決定、ジェイ・ホワイト?飯伏幸太?オカダ・カズチカ?

注目はEVILとSANADA




元同門ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADAとEVIL

タッグを組みIWGPヘビー級タッグのベルトを巻いたこともある

そのEVILとSANADA

連敗したSANADAは、怒涛の追い込みで優勝戦線に踏みとどまった

一方EVILは、デック東郷との連携で順調に勝ち点を積み重ね

 

内藤哲也にも勝利して見せた

EVILはバレット・クラブリーダジェイ・ホワイトとの不協和音を出しており

実質リーダの覇権争いを展開

 

Aブロック代表になれなかったジェイ・ホワイト

万が一EVILがBブロック代表そして、G1クライマックス30を制覇するとバレット・クラブのリーダーはEVILと言う事?

全く予断を許さない、G1クライマックス30

そしてその後の展開も気になる

ウィル・オスプレイもオカダ・カズチカと決別

 

オーカーンと組むのは明白

G1クライマックス30決勝の前に火種が続出した新日本プロレス両国国技館大会

内藤哲也、KENTAに敗戦

内藤哲也G1クライマックス30終了

2冠王者の内藤哲也が、バレット・クラブKENTAに敗戦

KENTAに敗戦
画像出典元
NJPW

SANADABブロック代表決定

G1クライマックスBブロック代表は、EVILとSANADAどちらかに絞られた

反則三昧のEVILとデック東郷

解説席にいた高橋ヒロムが救出

EVILから金的攻撃を受けるも

 

再び高橋ヒロムがデック東郷を排除する

その間にSANADAB、オコーナーブリッジでSANADAが勝利

 

逆転でSANADAがBブロック代表となった

 

SANADABブロック
画像出典元
NJPW

G1クライマックス優勝決定戦は飯伏幸太 VS SANADAとなった。

あわせて読みたい記事