棚橋弘至とKENTAのG1クライマックス30の成績は?

G1クライマックス30のKENTAと棚橋弘至の成績は、KENTAの5勝

棚橋弘至の4勝と棚橋弘至は負け越しとなった。

しかし棚橋弘至の敗戦は、矢野通、EVILにかんしては急所攻撃絡みの敗戦

 

ガチンコで敗戦したのは、内藤哲也、後藤洋央紀、SANADAとなるその敗戦も、ギリギリの敗戦であった

前評判では、棚橋弘至の不調を伝えられていたが、ここ最近では最高の状態に仕上げてきたと言う棚橋弘至の動きは

復活を予感させた。

 

KENTAは2019年、WWE退団から新日本プロレスG1クライマックスへ参戦した。

柴田勝頼と登場した、KENTAはここで結果を出すことで緊張感もあったしかし、G1クライマックス30では

KENTAワールドを展開、バレット・クラブ~内藤哲也とオカダ・カズチカの試合後乱入

物議をかわした、IWGPUSヘビー級&インターコンチネンタル2冠戦

大阪城ホール内藤哲也VSKENTAの結果は?IWGPヘビー級2冠はどちらの腰に巻かれた?

 

大阪城ホール内藤哲也VSKENTAの結果は?IWGPヘビー級2冠はどちらの腰に巻かれた?

ここから、KENTAのキャラクターが確率され、認知された。

KENTAの新日本プロレス参加は成功と言えよう。

 

G1クライマックス30では、IWGPUSヘビー級挑戦権利書

ブリーフケースを使った殴打はあるものの

KENTAらしい試合を展開、最終戦では内藤哲也を撃破して、内藤哲也のG1クライマックス30決勝進出を阻んだ。

強烈なインパクトを残したと言っても過言ではない。



KENTAと棚橋弘至のG1クライマックス30

新日本プロレスでは、G1クライマックス30の戦いの結果で新しい展開が起きている

優勝した飯伏幸太に勝利した、ジェイ・ホワイトがIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠挑戦権利書に挑戦が決まった。

NEVER無差別王者の鈴木みのるに勝利した、鷹木信悟がNEVER無差別王座挑戦が決まった。

 

2冠王者内藤哲也に勝利した、キング・オブ・ダークネスEVILが、内藤哲也と再び2冠戦を行う

2020年3度目のIWGPヘビー級&インターコンチネンタル戦となる。

この流れを受けて、KENTAが敗戦した選手は、SANADA、ジュース・ロビンソン、同門のEVIL

そして棚橋弘至となる、KENTAが選んだ相手は、ブリーフケースが破壊された?

 

棚橋弘至である、棚橋弘至が破壊したのではなく、KENTAが棚橋弘至を殴りかかった時に破損したもの

KENTAの保持する権利書
画像出典元
NJPW

 

G1クライマックス30最終戦8人タッグで激突した、棚橋弘至とKENTA

試合後、KENTAがブリーフケースを掲げ、棚橋にアピール。KENTAは棚橋との『G1』公式戦でケースで殴りかかった際、割れた部分を見せつける。すると、棚橋は不適な笑みを浮かべ、何やら言葉をかわす。

KENTAと棚橋弘至のIWGPUSヘビー級権利書をかけた戦いが始まった。

KENTAとしても棚橋弘至は絶好の相手という事であろう。

ニュージャパンカップinUSAを制覇して乗り込んだG1クライマックス30で見つけた絶好の相手が棚橋弘至となる。

棚橋弘至もG1クライマックス30終了後、自らは来年のG1クライマックスに向けて動き出すと宣言

まだまだ逸材は元気という事になる。

 

現在IWGPUSヘビー級王者は、AEW世界世界王者のジョン・モクスリーとなるが

ジョン・モクスリーが新日本プロレスに来日するかは不透明な状態である

空位になれば、そのままIWGPUSヘビー級王者誕生となるやもしれない。



あわせて読みたい記事