AEWヘビー級王者ジョン・モクスリー

ケニー・オメガが新日本プロレスから新団体AEWへ移籍。
副社長に就任エースとしてAEWの王者となる。誰もが予想していた。
しかし初代王座をかける戦いで敗戦したケニー・オメガ。
初代王座はクリス・ジェリコ。

予想に反して王者になるまで数年の時間を要したケニー・オメガ。
初代王者クリス・ジェリコはAEWヘビー級王者となり、新日本プロレスでも暴れた。

クリス・ジェリコを破ったのは、これまた新日本プロレスG1クライマックス29にも参加した
ジョン・モクスリー。現IWGP・USヘビー級王者である。

ジョン・モクスリーはIWGP・USヘビー級のベルトとAEWヘビー級王者となった。
そして防衛回数を9回に伸ばしていた。

ケニー・オメガ新日本プロレス退団からAWEの副社長へ

ケニー・オメガ、ジョン・モクスリーから勝利AEWヘビー級王者初戴冠

ジョン・モクスリーのAEWヘビー級王者へ挑戦が決まったケニー・オメガ
悲願のベルト獲得なるか?

ジョン・モクスリーVSケニー・オメガ
画像出典元
ケニー・オメガInstagram

新日本の現IWGP・USヘビー王者でもあるAEWヘビー級王者ジョン・モクスリー(34)に挑戦。王者の裸絞めやヘッドロックで絞められたオメガは逆水平チョップやフランケンシュタイナーで反撃。場外ではモクスリーの投げっぱなしジャーマンやナックルパートも浴びてダメージを負った。

リングに戻ると、モクスリーの左ヒザを蹴りやロープを使った関節技で集中攻撃。さらに足4の字固めで追い打ちをかけた。場外から持ち込まれたパイプいすに両者で着席し、ビンタとエルボー合戦も展開。場外で王者得意のパラダイムシフトを浴びて倒れ込むと、オメガの知人でインパクト・レスリングのドン・キャリスが登場。モクスリーに突き飛ばされたキャリスから渡されたマイクで攻撃し、王者の額をカットさせた。流血し、もうろうとするモクスリーに対し、再びVトリガー2連発を打ち込み、最後は片翼の天使で3カウントを奪った。

新日本プロレスで無類の強さを見せ元IWGPヘビー級王者時代のケニー・オメガ。
ケニー・オメガにまた一つ勲章が出来た
AEWヘビー級王者初戴冠となった。

注目はジョン・モクスリーはIWGP・USヘビー級を持って、東京ドーム大会への参加はあるのか?
ケニー・オメガが再び新日本プロレスで戦う事はあるのか?
またあのアグレッシブな戦いを再現してほしい。
片翼の天使は健在であった。

KENTA、AEWへ乱入ケニー・オメガは共闘

ケニー・オメガはジョン・モクスリーとAEWで抗争を展開
ジョン・モクスリーは、新日本プロレスのIWGP・USヘビー級を保持している

新日本プロレスではジョン・モクスリーの対戦相手をNEW JAPAN CUP in theUSA大会で決めた。
優勝は、BULLET CLUBのKENTA
だが、ジョン・モクスリーは渡航制限で新日本プロレスに来日できず、月日は流れた。

しかし遂にその日がやってきた、アメリカで開催されているNJPW STRONGにジョン・モクスリーが乱入。KENTAを襲撃した。
KENTAも負けておらず、AEWのリングでジョン・モクスリーを襲撃した。
ケニー・オメガはすかさず、共闘を要求。拒否したKENTAであったが?

共通の敵ジョン・モクスリーを倒すために共闘となりAEWのリングで試合をする。
KENTAがAEWへ乱入、ケニー・オメガから共闘の呼びかけにどうする?

あわせて読みたい記事