カブキ・ウォリアーズ王座防衛にとんでもない相手登場

カブキ・ウォリアーズ事、アスカ&カイリ・セイン

日本が誇る、WWE女子スーパースターである

 

男子のインターコンチネンタル王者中邑真輔とWWE女子タッグ王者

カブキ・ウォリアーズは世界最大のエンターテインメントプロレス

WWEでスーパースターとして世界のプロレスにその実力を見せつけた

2019年であった。

 

その最終防衛戦に挑んだカブキ・ウォリアーズ

WWEが相手として用意したのは

 

ザ・マンベッキー・リンチ

圧倒的な支持を仰ぐベッキー・リンチ

ザ・マンとは性別を超越した特別な存在という事

その名の通り、怪我をものともせず、WWEのブランドスマックダウン

 

SDとRAWロウのベルトを同時に巻いたベッキー・リンチであった。

 

現在は、RAWのベルトを巻くベッキー・リンチ

NXT時代から戦ってきたアスカは、SDのベルトをかけてこのベッキー・リンチと死闘を展開

もし、アスカがカイリ・セインとタッグ王者を目指していなければ

いまだにその戦いは続いていたかも・・




ベッキー・リンチとタッグを組むのは女王様シャーロット・フレアー

偉大な父リック・フレアーを父に持つシャーロット

 

178cmという大きな体でフィギュア・エイトやムーンサルトプレスなどのも繰り出す

NXTを得て、SD王者RAW王者も獲得まさに女王様である。

アスカのNXT時代からの連勝を止めたのもシャーロットである。

 

その2人が本気でカブキ・ウォリアーズからベルトを奪いにきた。

カブキ・ウォリアーズ
画像出典元
(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

防衛戦の試合はTLC形式

カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ&シャーロット・フレアーの試合はTLC

WWEでは様々な試合形式が行われている。

TLC形式とは、天井に吊るされたベルトをテーブル、はしご、椅子などを使用して

早く奪った方が、勝利となる

 

アスカもSDのベルトを巻いたとき、シャーロットとベッキー・リンチとこのTLC形式で勝利して

SD女子王者となった。

カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー
画像出典元
(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved
日刊スポーツ

インセイン・エルボーでリンチを狙うと、蹴りで迎撃されてロープからの脱出を許した。アスカもリンチの竹刀攻撃からレッグドロップでテーブルごとたたきつけられた。TLC形式らしく、テーブル、はしご、パイプいすが飛び交う激しい攻防となった。

1度はアスカがベックスプロイダーで投げ飛ばされ、リンチにリング中央のはしご頂上まで詰め寄られたものの、アスカがラダーにしばりつけたロープを引っ張ってリンチを落とすことに成功。自らがはしごを使って天井に吊るされたベルトをつかんでTLC形式の王座戦を制した。

 

見事年内の防衛果たしたカブキ・ウォリアーズ



あわせて読みたい記事