ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン石井智弘をKO

石井智弘をおちょくるロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。
石井智弘にちょっかいを出した内藤哲也。石井智弘の怒りに火を付けた。

それぞれのレスラーが、何をしたいのか明確になるRoad to WRESTLE GRAND SLAM後楽園ホール大会。
後楽園ホールの3連戦。3日間で何かが動くのは明白。

それが終われば再び6月まで試合がなくなる新日本プロレス。
内藤哲也の焦りも?

鷹木信悟が独走するロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。

2021年のロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は、いまいち目標が明確ではない。
テーマがあったのは2021年東京ドーム大会。
NEW JAPAN CUP USAで敗戦した、グレート-O-カーンへのリベンジ。

Road to WRESTLE GRAND SLAM ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

愛知で行われた。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンvsCHAOS
内藤哲也&SANADAvs後藤洋央紀&石井智弘戦。

内藤哲也と石井智弘が先発出場。戦うことなく内藤哲也→SANADA→内藤哲也と変わるロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
その顔には笑顔も見える。

たまらず石井智弘は、襲い掛かるも内藤哲也はリング下に。
SANADAは、石井智弘の背後から攻撃と石井智弘をイラつかせる。

試合は、SANADAのオコーナブリッジで後藤洋央紀からピンフォール負け。
NEVAER無差別級6人タッグ王者の敗戦となった。

迎えた後楽園ホール大会3連戦初日。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンvsCHAOS&棚橋弘至

内藤哲也が先発で出ると石井智弘が先発。
内藤哲也はBUSHIと交代だが再び内藤哲也が変わる。
さらに内藤哲也は、SANADAと交代。

SANADAは石井智弘と戦うことなく、再び内藤哲也と変わる。
イラつく石井智弘。
試合は、鷹木信悟のラスト・オブ・ザ・ドラゴンでYOSHI-HASHIからピンフォール勝ち。

試合後石井智弘は、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに噛みつくも、返り討ちにあいKOされた。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也
画像出典元
NJPW

鷹木信悟はIWGP世界ヘビー級王座挑戦を表明。
鷹木信悟のマイクパフォーマンスを、真剣な顔で見つめる内藤哲也とSANADAが印象的。

内藤哲也
画像出典元
NJPW

内藤哲也は、SANADAとBUSHIに確認しい事があると試合後コメントを残した。

迎えた翌日、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンと対戦した石井智弘。
石井智弘は、リングに上がると内藤哲也に突進した。
試合はCHAOSとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの激しい戦いを見せるも。
鷹木信悟が田口隆祐からピンフォール勝ち。

それでも場外でやりあう、内藤哲也と石井智弘。
その表情は?一触即発状態である。

内藤哲也と石井智弘
画像出典元
NJPW

内藤哲也が仕掛けた戦いは、石井智弘との抗争に発展。
鷹木信悟とは、違う路線で目立って見せた内藤哲也。

全敗のCHAOSもこのままでは終われない。

真っ向勝負が身上の石井智弘。
石井智弘にとっては、許されない現実。内藤哲也にシングルか?それともこれか?とベルトを突き出す。
後楽園ホール最終戦で何かが決まる。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也 NEVAER無差別級6人タッグ挑戦か?

NEVER無差別6人タッグ挑戦決定

新日本プロレス NEVER6人タッグ選手権 CHAOSvsロスインゴベルナブレス ・デ・ハポン 重要なベルトになったNEVER

あわせて読みたい記事