WWE イヨ・スカイvsアスカ 日本人シングルマッチ実現!

日本人シングルマッチWWE女子王座戦実現!
WWE女子でアスカとイヨ・スカイのWWE女子王座戦が実現

いよいよアスカとイヨ・スカイが激突!

サクラメント・ゴールデン1シアターでWWE女子王者イヨ・スカイに挑戦すると発表

「ダメージCTRL」のベイリーと組み、シャーロット・フレアー、ショッツィ組とのタッグ戦
試合途中でスカイのベルトを預かっていたセコンドのダコタ・カイの背後からアスカが姿をみせて襲撃。ベルト強奪に成功している隙にフレアーがスカイをビッグブーツで排除。ベイリーがショッツィにフォール負けを喫した。その後、アスカは強奪ベルトを持ってリングイン。リングに戻ったスカイと対峙(たいじ)すると眼前にベルトを投げ捨て、不敵な笑みを浮かべてリングから立ち去っていた。

世界が注目する、イヨ・スカイvsアスカ

イヨの時代とまくし立てる、ジーニアスイヨ・スカイ

世界のマット界が注目する大一番となったが、バックステージでのインタビューにベイリー、ダコタとともに現れたイヨは不機嫌モードだ。

 インタビュアーは「アスカを迎え撃つ準備はできているか?」と、女帝の決めゼリフを引用して聞いてきた。〝ジーニアス・オブ・ザ・スカイ〟は殺気を発しながら「アスカは私を見下しているんだよ。私がチャンピオンで、これは私の時代なんだ。イヨの時代なんだよ、わかってる?」と英語でまくし立てた。

関連