IWGPジュニアヘビータッグ防衛戦

高橋ヒロムが、金丸義信&エル・デスペラードを挑発 挑戦権をもぎ取った、IWGPジュニアヘビータッグ戦。
高橋ヒロムとBUSHIは、金丸義信&エル・デスペラードに2連敗もはや、今回敗戦となれば
IWGPジュニアヘビータッグ挑戦は遠のいて行く 結果が必要な戦いを強いられた高橋ヒロム&BUSHIのロスインゴベルナブレス・デ・ハポンジュニアヘビーコンビ。

高橋ヒロムとしては、IWGPジュニアヘビー級戦士が集う、ベスト・オブ・スーパジュニア前にベルトが欲しい所である。
現在無冠の高橋ヒロムとBUSHIとベルトを獲得したことがない為
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンジュニアヘビーとして、BUSHIとベルトを巻きたい所である。

試合は、タッグの連携より孤立した個人の孤立した戦いが続く、タイトルマッチ
高橋ヒロムが金丸義信を追い込む場面も、逆に金丸義信が高橋ヒロムを追い込む場面もギリギリでカットに入る、エル・デスペラードとBUSHI。

タッグをでは金丸義信とエル・デスペラードが上。
BUSHIとエル・デスペラード、高橋ヒロムと金丸義信交互に続くリング上
試合は、エル・デスペラードとBUSHIに託された。

BUSHIが必殺MX、コードブレーカーで決めにかかると
エル・デスペラードは、レフリーをBUSHIに誤爆させる荒業、レフリーレッドシューズ海野はKOで動けず
レフリー不在で乱戦となれば鈴木軍ペースに。

エル・デスペラードは、ナックルをBUSHIに放つ、場外からベルトを持ちだしたエル・デスペラード
殴りかかる寸前、レフリーマーティ浅見がエル・デスペラードからベルトを取り上げる
エル・デスペラードは、関節技ヌメロ・ドスをBUSHIに厳しく決める。

エル・デスペラードヌメロ・ドス
画像出典元
NJPW

BUSHIはギブアップ寸前まで追い込まれる。
高橋ヒロムがギリギリカットにに成功するも再びMXをコーナーから狙った、BUSHIをエル・デスペラードは追撃する。

必殺のピンチェ・ロコでBUSHIから3カウントを奪った。

合体式ジャーマン、LAT(合体フェースバスター)と挑戦者組の反撃を浴びたものの、金丸のカットが間一髪で間に合いカウント3を許さない。再びMXを狙ったBUSHIに対し、デスペラードは何とローブローで迎撃。一気にピンチェ・ロコ(変型フェースバスター)につないで激闘に終止符を打った。



金丸義信&エル・デスペラード強し

IWGPジュニアヘビータッグ王者は強かった、連携よりも個々の強さを見せた、鈴木軍金丸義信&エル・デスペラード
全日本プロレス、プロレスリング・ノアから培う金丸義信の頭脳強さを攻略できなかった
高橋ヒロムとBUSHI
エル・デスペラードの返し、パワーに圧倒された感のある高橋ヒロムとBUSHI。

タッグチームとして金丸義信&エル・デスペラードは強かった
高橋ヒロムのTimeBomも不発、BUSHIのMXも不発 全てを封じられたロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロム&BUSHI
鈴木軍金丸義信&エル・デスペラードが1枚上手であった。
最後にエル・デスペラードが、「楽しかったよ」と挑戦者組をたたえつつ「終わってみたらどうだ? どっちが強くて、カッコよくて、頭がよかったか分かっただろ。ベルトがあるほうがチャンピオンなんだよ」この言葉に高橋ヒロム&BUSHIは無言

あわせて読みたい記事