高橋ヒロムVSエル・デスペラードベスト・オブ・スーパジュニア27優勝はどちら?

新日本プロレスベスト・オブ・スーパジュニア27の公式戦が終了した

前半マスター・ワトの躍進、後半SHOが初の決勝か?ヤングライオン上村優也の覚醒など話題が多く

激戦を繰り返したベスト・オブ・スーパジュニア27

終わってみれば、IWGPジュニアタッグ王者エル・デスペラード、高橋ヒロム、IWGPジュニアヘビー級王者石森太二の強さが際立った。

特にエル・デスペラードの躍進は今後の新日本プロレスジュニアヘビー級を変える可能性を秘める強さを見せた

 

公式戦で、高橋ヒロム、石森太二を破ったエル・デスペラード公式戦1位通過となった。

ベスト・オブ・スーパジュニア27開幕前、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロム&BUSHIのIWGPジュニアタッグ挑戦を退けたIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスペラード

その強さはベスト・オブ・スーパジュニア27でも発揮された。

BUSHIと戦った最終戦、BUSHIに攻め込まれる場面もあったが、的確に足攻めを繰り返し

BUSHIがエムエックスを狙った所を、必殺のストレッチマフラーからヌメロ・ドス

 

脱出不可能なヌメロ・ドス

タップも出来ない荒業でBUSHIからギブアップを奪って見せた。

 

エル・デスペラード
画像出典元
NJPW
エル・デスペラード
ヌメロ・ドス

圧倒的な強さを見せたエル・デスペラード

試合後BUSHIは悔しさを滲ませながらも、エル・デスペラードを認める発言をした。

高橋ヒロムは、マスター・ワトと対戦若きジュニアヘビー級戦士マスター・ワト

今後の新日本プロレスの光であるマスター・ワトの技を受け切り、TimeBombⅡでマスター・ワトを葬って見せた高橋ヒロム

 

新日本プロレスジュニアヘビー級を牽引する高橋ヒロム

圧倒的な存在感を見せる高橋ヒロムが勝利

武道館決戦は高橋ヒロムVSエル・デスペラードに決定となった。

敗戦したマスター・ワトは言葉少なめに

「俺は、この『SUPER Jr.』に…初めてプロレスを見に行った大会が、この『BEST OF THE SUPER Jr.』。ずーっと、ずーっと、この舞台に立ちたかった。そして、俺はここでやって来た。俺は来年、いや、未来に進んでいる。これからも、ずっと、未来に進んで、未来を開拓してやる…」

ベスト・オブ・スーパジュニア27・1位通過のエル・デスペラードはマイクを持ち

高橋ヒロムを呼び込む、高橋ヒロムはリングに上がりエル・デスペラードを称えつつも

リベンジを誓った

 

やはりジュニアヘビー級を牽引する高橋ヒロムと言われるくらい

分かりやすく明快なパフォーマンス出す高橋ヒロム

 

やはり優勝決定戦の舞台は高橋ヒロムに相応しい

高橋ヒロムが強ければ強いほどジュニアヘビー級はスポットを浴びるそんな空気を出した




IWGPジュニアヘビー級王者石森太二、SHOは決勝に行けず・・

NEXTはないベスト・オブ・スーパジュニア27で躍進したSHO

公式戦で同級生高橋ヒロムに勝利

最終戦、石森太二に勝利すればベスト・オブ・スーパジュニア27優勝決定戦となっていた

一方石森太二はSHOに負ければ優勝決定戦の道はなくなる

 

ベスト・オブ・スーパジュニア27でシングルプレイヤーとして飛躍したSHOは圧倒的なパワーで石森太二を圧倒するも

必殺のショックアローを返され、リバースのブラッディクロス

そして政調式ブラッディクロスでSHOからピンフォール勝ちを奪って見せた

石森太二

 

この時点でSHOの優勝決定戦進出は絶たれた、石森太二は紙一重で可能性を残したが

エル・デスペラードが勝利したためまさかのIWGPジュニアヘビー級王者石森太二の優勝決定戦進出はならなかった。

マッスルチワワの逆襲

 

SHOのIWGPジュニアヘビー級頂点の道が始まった。




あわせて読みたい記事