走り続ける棚橋弘至にグレート-O-カーンの暴挙

2020年新型コロナウィルス感染拡大から新日本プロレスの興業が再開してから

棚橋弘至は休まずに、ワールドタッグリーグ戦まで戦い続けた。

ニュージャパンカップ、G1クライマックス、ワールドタッグリーグ戦の主要大会に出続けた棚橋弘至

 

棚橋弘至は、会場に大きな勇気と希望を与える

数多くの軌跡を見せてきた棚橋弘至

オカダ・カズチカの追随から、現在は良好な関係にとも見える

棚橋弘至とオカダ・カズチカ

 

しかしそのオカダ・カズチカも現在下の世代からの突き上げが迫ってきた

弟して可愛がってきた、ウィル・オスプレイのまさかの反乱

ウィル・オスプレイ、オカダ・カズチカを東京ドームで倒しのし上がる。ジ・エンパイヤー新メンバー誰?

ウィル・オスプレイ、オカダ・カズチカを東京ドームで倒しのし上がる。ジ・エンパイヤー新メンバー誰?

そのジエンパイヤーのグレート-O-カーンとレッスルキングダム15で戦う棚橋弘至

元棚橋弘至の付き人だった、グレート-O-カーン

ワールドタッグリーグ戦で対戦した棚橋弘至とグレート-O-カーンは試合終了後、棚橋弘至の膝を破壊した。

ここで遺恨が勃発




棚橋弘至が出した答えは怒り

棚橋弘至はレッスルキングダム15のグレート-O-カーン戦について

こう語る、自身が若い頃、武藤敬司などに挑戦して来た棚橋弘至

先輩を超えてゆくのはトップになる定石

 

内藤哲也やジェイ・ホワイトなど下の世代と戦ってきた棚橋弘至

そしてその更なる下の世代グレート-O-カーンが棚橋弘至の前に・・

試合の中で、相手に負傷箇所を責めるのは定石と言う棚橋弘至

しかし、試合が終わった後、負傷した場所を責められた棚橋弘至は怒り心頭

 

長年の蓄積で負傷している膝を試合後責められた棚橋弘至

この後輩の行動に怒りはマックスとなった。

 

棚橋弘至は常に陽のキャラクターを前面に出し

明るく、元気な逸材として新日本プロレスを牽引してきた

陰の部分怒りを封印してきた棚橋弘至は、今回のグレート-O-カーンの行動に

 

自らも封印してきた怒りを出すときなのかもしれないとコメントを残し

レッスルキングダム15で棚橋弘至の怒りが爆発する可能性を示した。

 

封印してきた棚橋弘至の怒りの感情が爆発した時

レッスルキングダム15in東京ドーム大会で棚橋弘至はどうなるのか?

 

オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイトと踏み台にされた過去がある棚橋弘至

エース棚橋弘至のレッスルキングダム15でのグレート-O-カーン戦に注目




あわせて読みたい記事