IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロム怪我で欠場

エル・ファンタズモとIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチを控える
IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムが、内藤哲也の膝の怪我欠場に続き
肩の負傷で、欠場となった。
高橋ヒロムは、Road to Castle Attack 岩手大会で
鷹木信悟とタッグを結成、飯伏幸太&本間朋晃と対戦した。

試合は鷹木信悟のラスト・オブ・ドラゴンで勝利となったが
その試合中、肩を負傷した。
IWGPジュニアヘビー級防衛に成功した高橋ヒロム、時期挑戦者はエル・ファンタズモに出した条件とは?

IWGPジュニアヘビー級防衛に成功した高橋ヒロム、時期挑戦者はエル・ファンタズモに出した条件とは?

タイトルマッチIWGPジュニアヘビータッグ挑戦は?

高橋ヒロムは、2018年怪我で長期欠場した経緯があり
今回の怪我も不安があるが、その時の首とは別の箇所の怪我となる。
連日激しい戦いを見せる、高橋ヒロム
SHOとの激しいIWGPジュニアヘビー級防衛戦を終えたばかりの高橋ヒロム。

今シリーズ、Road to Castle Attack ではIWGPジュニアヘビータッグをロスインゴベルナブレス・デ・ハポンBUSHIと挑戦
自ら保持する、IWGPジュニアヘビー級の防衛戦をエル・ファンタズモと大阪で行う。
エル・ファンタズモも疑惑のキックがあるうえに怪我となれば、高橋ヒロムの苦戦の可能性も
現在タイトルマッチの中止の案内はない、万全の状態でエル・ファンタズモと戦って欲しい。



高橋ヒロム長期欠場へ

高橋ヒロムが精密検査の結果、左大胸筋断裂で長期欠場となった。
再び長期欠場で、高橋ヒロムの姿はしばらくみる事が出来ない。
IWGPジュニアヘビー級のベルトは返上が濃厚

高橋ヒロム、再び長期欠場へIWGPジュニアヘビー級のベルト返上か?

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の欠場も続く

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンでは、高橋ヒロムと内藤哲也の欠場
内藤哲也は高橋ヒロムより前に欠場
内藤哲也も飯伏幸太とのインターコンチネンタル王座挑戦を控えるが
6日前も欠場となる事を新日本プロレスは発表した。

内藤哲也は復帰が決まる。

あわせて読みたい記事