レスリングどんたく 2021後楽園ホール

Road toレスリングどんたく2021、UNITED EMPIRE VS ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
IWGPヘビー級王者ウィル・オスプレイがアーロン・ヘナーレ
挑戦者鷹木信悟がSANADAとタッグで対戦。

序盤から激しい展開。SANADAがウィル・オスプレイとアーロン・ヘナーレに捕まり孤立。
鷹木信悟に変わると、鷹木信悟は2人相手に調子の良さを見せる。

ここで注目は、アーロン・ヘナーレ。
ウィル・オスプレイ、鷹木信悟、SANADAと新日本プロレスでトップで戦うレスラーに、全く見劣りしない戦い。
対戦が決まっている、SANADAを鉄柵に投げまくる。

SANADAに馬乗りパンチ、関節、投げを繰り出すアーロン・ヘナーレ。

アーロン・ヘナーレ
画像出典元
NJPW

SANADAが再び捕まり2対1の場面。
鷹木信悟に交代すると、IWGP世界ヘビー級王座初挑戦の鷹木信悟も黙っていない。

終盤鷹木信悟とアーロン・ヘナーレの対戦に、本隊にいた頃なら、あっさりと決まっていた技が決まらない。
鷹木信悟のパンピングボンバーもキックアウトして見せたアーロン・ヘナーレ。

まるで別人になったアーロン・ヘナーレ。
さらに反撃、決め技を狙うアーロン・ヘナーレは鷹木信悟を担ぎ上げる。
だが鷹木信悟は寸前で回避。

鷹木信悟が止めを指すラスト・オブ・ザ・ドラゴンを狙うも、ウィル・オスプレイが邪魔をする。
まさに、前哨戦とは思えない戦い。

最後は、経験値の高い鷹木信悟とSANADAの連携、ウィル・オスプレイをリング下に置き去りにするSANADA。
SANADAと鷹木信悟の連携でアーロン・ヘナーレの動きを止める。

最後はエグイ ラスト・オブ・ザ・ドラゴンでなんとかアーロン・ヘナーレを抑え込んだ。

アーロン・ヘナーレ
画像出典元
NJPW

アーロン・ヘナーレの驚異的なパワー。
SANADAもシングルで対戦するが、警戒しないといけない存在。
鷹木信悟もアーロン・ヘナーレの実力を認めたが、まだ負けないとマイクで宣言。

UNITED EMPIREとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのレスリングどんたく、決着戦は激闘となる。

あわせて読みたい記事