NEVER無差別6人タッグ王座戦CHAOS防衛に成功。

新日本プロレスNEVER無差別6人タッグ王者CHAOS
後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHI。

CHAOSは、連続防衛記録がかかる戦い。相手はロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
内藤哲也&SANADA&BUSHI。

内藤哲也が仕掛けたNEVER無差別6人タッグ。
新日本プロレス 内藤哲也 石井智弘抗争開始か?ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの狙いはなんだ?

石井智弘を怒らせた内藤哲也。
狙いは当たった。ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの3人は、NEVER無差別6人タッグ王座挑戦が決まった。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
画像出典元
NJPW

内藤哲也の中では、鷹木信悟が突っ走るロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。
2021年NEW JAPAN CUPから、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは鷹木信悟中心に動く。

内藤哲也も動くとばかり挑んだNEVER無差別6人タッグ王座戦。

だが王者は強かった。激闘になった試合は石井智弘が仁王立ちで、3人を受け止める。
後藤洋央紀は、要所要所で仕事をする。

YOSHI-HASHIとBUSHIの長い戦いに入り。
途中内藤哲也、後藤洋央紀、SANADA、石井智弘とリングに入り。
形勢は行ったり来たりとなる。

BUSHIもYOSHI-HASHIを追い込むが、最後はアームロック式のバタフライロックでギブアップ。
CHAOSが防衛に成功。

YOSHI-HASHIは、NEVER無差別6人タッグ王座を永遠に防衛するとマイクパフォーマンス。

YOSHI-HASHI
画像出典元
NJPW

NEVER無差別6人タッグ王座連続防衛記録を作った。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は、屈辱の敗戦となった。
大きな誤算か?

内藤哲也は、今回の負けは悔しいとしながら再びNEVER無差別6人タッグ王座挑戦とSANADAとのタッグの結成を口にした。

内藤哲也vsグレート-O-カーン広島決戦勝者は?内藤時代終焉か?

あわせて読みたい記事