ドミニオンSANADA登場

新日本プロレスDOMINION 2021 大坂城ホール。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンSANADA、内藤哲也、BUSHIとタッグを結成。
IWGPヘビー級タッグ王者タイチ&ザックセイバーjr、DOUKIと対戦した。

同じ日に鷹木信悟がIWGP世界ヘビー級王者となった。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンで内藤哲也の次にIWGPヘビーのベルトをIWGPのベルトを巻くのは?
SANADAそう目されていたはず。

だが鷹木信悟に先を越された。
SANADAは、G1クライマックス準優勝、NEW JAPAN CUP準優勝と未だに優勝はなく。
新日本プロレスIWGPヘビー級タッグ王座のベルトは獲得している。
だが新日本プロレスでのシングルベルトは勝ち取っていない。

コールドスカルと言われるSANADA。
SANADAが挑戦するのはIWGPヘビー級であって、IWGPインターコンチネンタルなどのシングルには挑戦していない。
SANADAのこだわり?

新日本プロレス天下に近づくロスインゴベルナブレス・デ・ハポンSANADA

オカダ・カズチカ世代のSANADAやEVILが、今後新日本プロレスの主役になるのは間違いない。
テクニックで定評のあるSANADAがドミニオンでみせたザックセイバーjrへの返し技が度肝を抜いた。

SANADA必殺技 オースイスープレックス

SANADAの必殺技には、武藤敬司譲りのムーンサルト。
ラウンディング・ボディプレス、ドラゴン・スリーパーからのスカルエンド
スイング式スカルエンド、オコーナーブリッジ

パラダイスロック。
対戦相手が身動きが出来なくなる技
屈辱感を与える。

SANADAの必殺技
画像出典元
NJPW

スープレックス系は多彩で、ジャーマン、ドラゴン、タイガー・スープレックスなど。
比較的に頭から落とす技は少ない。
スカルエンドからラウンディング・ボディプレス。
オコーナーブリッジなどで勝利すSANADA。

絞めたり、固めたりして試合に勝利する。
同門内藤哲也との試合では、内藤哲也の必殺技ディステーノを出した事もある。

多彩な返し技、多彩なテクニックを持つSANADA。
SANADAが魅せたザックセイバーjrとの攻防。

ドミニオン大坂城ホール大会でザックセイバーjrとの攻防。
関節技で攻めるザックセイバーjr。

ザックセイバーjrは奥の手ジャパニーズレッグロールクラッチホールドでSANADAを固めた。
だがSANADAは、固められたザックセイバーjrの背中に手を置き
逆にオースイスープレックスでザックセイバーjrからピンフォールを奪って見せた。

SANADAザックセイバーjrからピンフォール勝ち
画像出典元
NJPW

このSANADAのテクニックに会場はどよめいた。
IWGPヘビー級タッグ王者のザックセイバーjr。

このザックセイバーjrの出したジャパニーズレッグロック。イギリス大会でオカダ・カズチカをピンフォールした技。
オカダ・カズチカがザックセイバーjrに敗戦したRPW『STRONG STYLE EVOLVED~UNITED KINGDOM~』

ジャパニーズレッグロックをオースイスープレックスで返してみせたSANADAのテクニックは、超一流のテクニック。
SANADAの瞬間に閃きの返し技。

2021年SANADAのベルト獲得は?

2020年のG1クライマックスで過酷なリーグ戦を勝ち抜き決勝まで行ったSANADA。
2020年SANADAのG1クライマックスはまさかの3連敗スタート

同門内藤哲也に勝利そこから巻き返し決勝まで行った。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの中で寡黙なSANADAは、自ら発信する事は少ない。
SANADAが、感情むき出しとなったのは元同門、元相棒のEVIL戦。

この時のSANADAは凄かった。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン SANADA覚醒・コールドスカルに火が付いた。

2022年おそらく優勝候補なるSANADAのG1クライマックス。
まだ発表はないが今年の開催では、SANADA優勝。
IWGP世界ヘビー級王座へ挑戦。
そんな道が見えてくる可能性は大きい。

2022年東京ドーム大会でメインの舞台に立っているその可能性は大きい。

エンターテインメント性が増してきた現在のプロレス。
自己主張しなければ埋もれていくプロレスラー。

その中実力、結果だけでトップを狙うSANADAは貴重な存在。
まずは内藤哲也とIWGPヘビー級タッグ王座を狙うのが濃厚なSANADA

2021年後半のSANADAには注目である。

SANADAvsザックセイバーjrハイレベルな攻防

ドミニオン 内藤哲也 IWGPヘビー級タッグ王座挑戦か?SANADAピンフォール勝ち

あわせて読みたい記事