飯伏幸太がKENTAに勝利

毎年混戦となるG1クライマックス。
今年のAブロックは、ザックセイバーjrがまずは一歩リード。
次第に飯伏幸太が白星を重ねる。
ぞの中で、IWGP世界ヘビー級王者鷹木信悟

3年連続出場のKENTAが、ザックセイバーjrの勢いを止める。
混線となったG1クライマックス Aブロック。

内藤哲也が初戦で怪我、欠場となる波乱から生き残ったのは4人。

星取り表ではザックセイバーjr、KENTAが有利な状況。

だが奇跡が起こる。
鷹木信悟が高橋裕二郎から両者リングアウトに持ち込まれ脱落。
鷹木信悟は、終戦。

G1クライマックス制覇の厳しい道のりを感じた鷹木信悟。
高橋裕二郎は、初戦飯伏幸太から勝利。

G1クライマックスを混戦に導く。
鷹木信悟は、もう高橋裕二郎とはやりたくないとまで言わせた。

ザックセイバーjrがIWGPヘビー級タッグ王座を争った、タンガ・ロアに敗戦

ザックセイバーjrがIWGP世界ヘビー級王座挑戦表明するのは確実か?

残すは飯伏幸太とKENTA。
勝ったものがG1クライマックス Aブロック覇者となる。

飯伏幸太は、苦戦するも後頭部カミゴェから政調式カミゴェでKENTAからピンフォール勝ち。

飯伏幸太が4年連続決勝の舞台が決まった。
天山広吉やレジェンド蝶野正洋もなしえなかった、3年連続G1クライマックス制覇の舞台が整った。

誤嚥性肺炎から奇跡の復活。
決勝までたどり着いた飯伏幸太。

飯伏幸太は壮絶な試合の印象を語る

生きてた
誤嚥性肺炎からもうプロレスは出来ないと思った。
でもみんなの助け合いで少しずつ回復、克服。

アクシデント?なのかどうであれテーブルが崩れたけど昔を思い出し衝動的に飛んだ。首、肩、肘、膝、みぞおちが破壊

試合中初めて吐きました
本当すみませんそしてありがとう

飯伏幸太の対戦相手決勝はオカダ・カズチカか?ジェフ・コブか?

オカダ・カズチカとタマ・トンガに敗戦G1クライマックス31ジェフ・コブは全勝

関連