ベッキー・リンチRWA女子&SD女子ベルト総取り

なにも持たずしてリングに上がり

終わってみれば2つのベルトを手にしたザ・マンと呼ばれるベッキー・リンチ

完璧な男の中の男を表すザ・マン

ベッキー・リンチはカリスマ性をもつ女の中の女になった。

ベッキー・リンチ
画像出典元
ベッキー・リンチ
Twitter

人気ものベッキー・リンチは悪の経営陣マクマホン会長から、ベルトの挑戦権をはく奪され

シャーロット・フレアーをひいきするマクマホン会長はシャーロット・フレアーに挑戦権を渡した

 

反発したチャンピオンロンダ・ラウジーはあの手この手を使いベッキー・リンチとの対戦までこぎつけた。

しかし結果はSD女子王者アスカも巻き込まれた

RWA女子ベルトへの挑戦が決まっているシャーロット・フレアーを急遽アスカの持つSD女子王者への挑戦を決めたマクマホン会長

 

どうしてもシャーロット・フレアーにベルトを持たせたいのは見え見えの行動である。

シャーロット・フレアーには相性が悪いと言わざる得ないアスカ

 

NXT時代から継続してきた連勝記録267をストップさせたのもシャーロット・フレアー

アスカにとっては苦手な相手となった。

 

その後3WAYマッチでベッキー・リンチの持つSD女子のベルトをかけて戦った

ベッキー・リンチVSシャーロット・フレアーVSアスカ

突如ロンダ・ラウジーの乱入もありアスカがラダーマッチを制覇

SD女子王者の君臨したアスカ

 

 

アスカの持つSD女子のベルトに挑戦したベッキー・リンチであったがアスカがギブアップを奪い勝利となっていた。

 

ここまではよかったがシャーロット・フレアーからベルトを強奪されてしまった。

結果はシャーロット・フレアーにベルトを強奪されチャンピオンから陥落したアスカ

 

注目されるロンダ・ラウジーVSシャーロット・フレアーVSベッキー・リンチ

ロンダ・ラウジー&ベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー&アスカを巡るベルト争奪の争いは

シャーロット・フレアーがアスカからベルトを奪ったことで

 

2本のベルトをかけた3WAYマッチが開催そして勝利したベッキー・リンチは2冠となった。

 

スポンサーリンク
 




ベッキー・リンチはを襲うレイシー・エバンス

 

挑戦者は誰が相手でも準備ができていると主張し、リングを降りようとすると、目前にはレイシー・エバンスの姿が。いつもは登場した後、何もせずに立ち去っていくスタイルのエバンスからいきなり顔面へのパンチを浴びた。倒れ込んだリンチは、そのまま去ろうとするエバンスを捕獲。そのまま乱闘に発展し、激しく殴りかかる2冠王者が必殺ディスアーマーを仕掛けるなど、両者ともに1歩も引かなかった。

今後ベッキー・リンチを嫌うマクマホン会長の介入も考えられるが

レイシー・エバンスがベッキー・リンチ挑戦へ名乗りを上げた

2017年からNXTで活躍してきたレイシー・エバンス

メイヤングクラッシックトーナメントやカイリ・セインとの抗争

ヒール転向などで人気を集め1月に昇格

RWAとSDのステージに登場していた。

 

常日頃からチャンスがないと嘆くレイシー・エバンスは強引ともいえる手法でベッキー・リンチを振り向かせた。

挑戦者は誰でもいいというベッキー・リンチ

しかしこの展開を、アスカ、ロンダ・ラウジー、シャーロット・フレアーが黙っているとは思えない。

 

ベッキー・リンチの防衛ロードが始まる。

スポンサーリンク


 

あわせて読みたい記事