カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー

WWEを圧巻する女子軍団

カブキ・ウォリアーズVSベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー

このカードなら誰でも見たくなる一戦である。

カイリ・セインNXTを圧巻してSDへ昇格現在RAWへ移籍した元スターダムの選手の日本人

カイリ・セイン
画像出典元 カイリ・セインInstagram

日本で男女問わずリングで大暴れをしていた華名事現在のアスカ

NXTでは無敗をで卒業、SDへ昇格シャーロット・フレアーに挑戦

そこで初めて敗戦

 

しかし、ベッキー・リンチVSシャーロット・フレアーVSアスカのSDおうざ戦まで上り詰め

見事に王座を獲得した。

 

WWEで活躍女帝アスカ
画像出典元
(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

 

その二人が組んだタッグチームがカブキ・ウォリアーズである。

その合体はWWEをも揺るがし

新設されたWWE女子タッグを奪い

 

カブキ・ウォリアーズの強さを見せつけた。

そのカブキ・ウォリアーズへ向けられた刺客は、RAW女子王者ザ・マン事ベッキー・リンチと元SD女子王者

女王様シャーロット・フレアーであった。

 

この2人の実力は、誰もが認める

この2人の力を合わせてカブキ・ウォリアーズを潰しに来た。

序盤から王者組がリンチを捕まえた。アスカが互角以上の攻防を繰り広げ、お互いに顔面を激しく蹴り合った。セインはフレアーのパワーに押されながらも裸絞めで応戦。交代したアスカはフレアーを捕まえ、セインのドロップキックをアイストした。さらに2人でダブルブレーンバスターまで成功させた。さらにアスカがアスカロックから腕ひしぎ逆十字固めで絞めたが、勢いづいたところでセインとともにリンチのダブルドロップキックを浴びしまった。

追い込まれた王者であったが、観戦していたNXT女子王者シエイナー・ベイズラー




SD女子王者のベイリーが試合に介入

 

この混乱の中アスカが、ベッキー・リンチを丸め込み勝利を収めた。

日本でこの試合展開なら大荒れであろうが

 

WWEでは介入、乱闘などを制する必要がある

WWE女子タッグ王座を防衛して見せたカブキ・ウォリアーズは結果強いと言う事になる。



あわせて読みたい記事