WWE Draft 2020

WWEドラフト2020がスマックダウン大会で行われた
だれがSDへ誰がRAWへとRAW女子王者の女帝アスカも気になる所だが

アスカはRAW女子残留となった。

WWE女子タッグ王者、シエイナー・ベイズラーとナイア・ジャックスはRAWとなったため

アスカの前に立ちはだかるのは時間の問題であろう。

 

 

WWE Draft 2020
画像出典元
C)WWE、Inc.ALL Rights Reserved

 

 

後は迎え撃つだけと宣言した女帝アスカ

今年も多くの選手がSDとRAWへ移動

アスカの敵も気になる所だが

サーシャ・バンクスとベイリーの遺恨が勃発している

ベイリーから痛めつけられた首の怪我が完治してサーシャ・バンクスが復活



ベイリーのいるSDへとなるのか?

サーシャ・バンクスはスマックダウン(SD)へとなった。

これを受けてサーシャ・バンクスがベイリーの保持するSD女子を狙いに行くのは必然となった。

 

ベイリーVSサーシャ・バンクス遺恨試合

元々タッグを組み、WWE女子タッグ王座、一時的には

SD女子王者、RAW女子王者全てのベルトを保持していたベイリーとサーシャ・バンクス

サーシャ・バンクスがアスカからベルトを取り返され

シエイナー・ベイズラーとナイア・ジャックスからベイリーとサーシャ・バンクスが標的になり敗戦

ベイリーの保持するSD女子王者のベルトだけが残った。

 

そこでベイリーが決めた選択は、サーシャ・バンクスを切り捨てる事だった

シエイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス、WWE女子タッグ王者

シエイナ・ベイズラー&ナイア・ジャックス、WWE女子タッグ王者

サーシャ・バンクスを裏切り痛めつけたベイリーは、その後もサーシャ・バンクスの首を破壊
欠場まで追い込んだ

 

ベイリーは、偽りの友情を演じただけともうサーシャ・バンクスは用無しとののしる

サーシャ・バンクスは復活して当然ながらベイリーを襲う

対戦までこぎ着けたサーシャ・バンクスはベイリーからSD女子王者を引きずり下ろすために戦うが

策士ベイリーは椅子を使った反則で切り抜ける

なおもサーシャ・バンクスを椅子で襲うベイリーだが

 

サーシャ・バンクスも反撃に出てベイリーをノックアウトにする

この遺恨はしばらく続きそうで

ベイリーも厄介な相手を敵に回してしまったもんである。

 

あわせて読みたい記事