大阪エディオンアリーナ飯伏幸太VSジェイ・ホワイト

G1クライマックス30が終了、飯伏幸太の連覇で幕を閉じたが

その余韻もなく各選手は動き出した。

キング・オブ・ダークネスEVILは、再び2冠に挑戦

鷹木信悟は、鈴木みのるのNEVER無差別に挑戦

 

ザックセイバーjrは、矢野通のKOPW2020への挑戦

棚橋弘至はKENTAの保持する、IWGPUSヘビー級の権利書への挑戦

 

全てがG1クライマックス30の星取表で見積もられる

優勝できなくても、ベルトを保持する王者から勝利を奪うとその権利が発生するのが最近のG1クライマックスである

 

G1クライマックス30最終戦、次なる戦い本隊、CHAOS、鈴木軍、バレット・クラブ、ジ・エンパイア

G1クライマックス30最終戦、次なる戦い本隊、CHAOS、鈴木軍、バレット・クラブ、ジ・エンパイア

G1クライマックス30勝利者インタビューで現れた、ジェイ・ホワイトは早くも飯伏幸太を挑発

まんまと飯伏幸太から挑戦を受ける言葉を出させた。

 

外道絡みとは言え、ジェイ・ホワイトに敗戦した飯伏幸太はリベンジの意味でもジェイ・ホワイトを倒し

レッスルキングダムの道を作る必要がある

 

飯伏幸太とジェイ・ホワイトも気になるが

内藤哲也とEVILが再び対戦する

 

現在の図式では、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者内藤哲也VSG1クライマックス30覇者飯伏幸太

の戦いがメインでレッスルキングダムが開催・・・

 

しかしこの図式が成り立つかは、大阪の結果次第となる

過去にこの方程式が崩れた事はないが、最近の新日本プロレスではなにが起きてもおかしくないほど

実力は僅差となっている。

さらに、ジェイ・ホワイトには外道、EVILにはデック東郷が付くと言う不利な展開も否めない。

内藤哲也と飯伏幸太は、すんなり勝利を得る事は厳しい状況である。


オカダ・カズチカVSグレート-O-カーン

ウィル・オスプレイが突然オカダ・カズチカに反旗を翻した

新日本プロレスへ導いたオカダ・カズチカを平気で裏切り

 

グレート-O-カーンと手を組んでジ・エンパイヤTHE EMPIREを結成

しかしグレート-O-カーンはとんでもない実力者と言わざる得ない

 

ここでオカダ・カズチカが敗戦となれば、新日本プロレスが大きく揺らぐ

逆レインメーカーショックを与えかねない

大阪エディオンアリーナは注目の対戦が目白押しとなった。



あわせて読みたい記事