NEVER無差別級6人タッグ王者YOSHI-HASHI

G1クライマックス30で大きく変貌した1人YOSHI-HASHI
G1クライマックス30前に、NEVER無差別級6人タッグ王者となったYOSHI-HASHI

新日本プロレスで初めてのチャンピオンベルト獲得となった、YOSHI-HASHI
オカダ・カズチカと共に凱旋帰国してから長い年月をかけて、ベルトを腰に巻いた

G1クライマックス30でのYOSHI-HASHIの入場は、ベルトを巻いての入場
誇らしげに入場するYOSHI-HASHI

その戦いも勝敗関係なく、YOSHI-HASHIの試合は間違いなく面白いと思わせる内容であった。
しかし勝ち星を重ねる事はG1クライマックス30で絶対的に必要な条件となる

対棚橋弘至戦では、好調の棚橋弘至をギリギリまで追い込んだ、試合後棚橋弘至から、もうどちらが勝ってもおかしくない
今回はたまたま俺が勝ったと、YOSHI-HASHIの飛躍を絶賛した。

G1クライマックスBブロックYOSHI-HASHIは初勝利、SANADAは3連敗

G1クライマックスBブロックYOSHI-HASHIは初勝利、SANADAは3連敗

圧巻は、G1クライマックス30で準優勝したSANADAからピンフォール勝ちを奪った

おそらく対戦した相手は、今までのYOSHI-HASHIではないとそう感じたはず、そんな試合後のコメントも多く聞かれた。

 

昨年G1クライマックスに落選した、YOSHI-HASHIの姿はなかった。

YOSHI-HASHIの試合後のマイクパフォーマンスに、物事は一瞬で変わる・・

それを実践できるんのか?

YOSHI-HASHIもNEVER無差別級で終わる気は毛頭ない・・・



IWGPの名の付くベルトを狙うYOSHI-HASHI

新日本プロレスの選手で、IWGPを狙っていない選手はいない

IWGPヘビー級のベルトが頂点で、ジュニアヘビー級戦士はIWGPジュニアヘビー級が頂点となる

G1クライマックス最終戦、IWGPヘビー級タッグ王者の、タイチ&ザックセイバーjr&DOUKI&エル・デスペラード

と対戦、IWGPヘビー級タッグを保持する、タイチ&ザックセイバーjr

 

IWGPジュニアヘビータッグ保持する、金丸義信&エル・デスペラード

DOUKIが、自らもベルトが欲しいとNEVER無差別級6人タッグに色気を見せた

しかし王者からピンフォール勝ちなどを奪わないと、そのチャンスはもらえない。

 

タイチとザックセイバーjrはDOUKIに挑戦させるため秘策を出す。

DOUKIは終盤CHAOS組みに追い込まれるも、エル・デスペラードの妨害でCHAOSを分断に成功

一気に鈴木軍ペース、YOSHI-HASHIはタイチ&ザックセイバーjrの合体技ザックメフィスト

ダウンしているDOUKIをYOSHI-HASHIに無理やり覆いかぶせる

DOUKI
画像出典元
NJPW

そのまま3カウントが入り、結果〇DOUKI●YOSHI-HASHIとなり

事実上、DOUKIからピンフォールを奪われたYOSHI-HASHI

この結果を受けて、DOUKIはNEVER無差別6人タッグ挑戦をアピール

 

タイチ&ザックセイバーjrしてやったりであった。

迎えたNEVER無差別6人タッグ防衛戦のCHAOS

タイチ&ザックセイバーjrは2冠を狙う

 

試合は、実力の劣るDOUKIを追い込むの両軍入り乱れての乱戦が続く

YOSHI-HASHIが受け止めてカルマにいくが、DOUKIが脱出に成功。その直後、タイチ&ザックが天翔ザックドライバーの体勢に入るが、後藤が飛び込んでザックを蹴散らす。
 続いてYOSHI-HASHI&後藤はタイチにGYRを敢行。すると、石井がラリアットでタイチを蹴散らすが、DOUKIがすぐにトラースキックで報復する。
 だが、YOSHI-HASHI&後藤がDOUKIを捕まえ、ジャンピングパワーボム&昇天・改の合体攻撃をお見舞い。そこからYOSHI-HASHIが今度こそカルマを炸裂させ、DOUKIに引導を渡した。

今度は、この結果を受けて、YOSHI-HASHIがタイチ&ザックセイバーjrの保持する

IWGPヘビー級タッグのベルトに挑戦を表明する。

 

2020年飛躍するYOSHI-HASHI

タイチ&ザックセイバーjrもYOSHI-HASHIの挑戦を受けた

後藤洋央紀もYOSHI-HASHIのパートナーに志願

YOSHI-HASHIの2冠王座の道と、IWGPの名の付くベルトが腰に巻かれるのか?

DOUKIは逆に踏み台にされ、試合後はうめくだけの抵抗であった。

 

2020年後半のYOSHI-HASHIの動きは見逃せない。



あわせて読みたい記事