G1クライマックスBブロック後楽園大会

G1クライマックス30が後楽園ホールで開催

Bブロックトップは、内藤哲也と矢野通

SANADA、棚橋弘至、YOSHI-HASHIはいまだ白星はなしの状態

いつもの通り、ヤングライオンの試合で始まる

優勝候補と言われたSANADAは連敗そろそろ、勝利が欲しい所

YOSHI-HASHIはNEVER無差別6人タッグ王者として、G1クライマックスに参戦

 

好試合を連発するYOSHI-HASHI、ジュース・ロビンソンに敗戦

EVILには追い込むも、反則まがいで敗戦

しかしYOSHI-HASHIはいつものYOSHI-HASHIではない。

15年前に後楽園ホールで新日本プロレスの入門テストを受けた、YOSHI-HASHIとSANADA

共にテストに落ちたYOSHI-HASHIとSANADA

 

YOSHI-HASHIは新日本プロレス

SANADAは全日本プロレスで切磋琢磨して戦うG1クライマックス

この2人が後楽園ホールで対戦

 

〇YOSHI-HASHI VS SANADA

いまでは格上となったSANADAが相手

スカルエンドでギブアップ寸前に追い込まれるYOSHI-HASHI

しかし結果は・・

勢いはYOSHI-HASHI

G1クライマックスBブロック
画像出典元
NJPW

 

YOSHI-HASHIはカルマを狙うも、切り抜けたSANADAはドラゴンスリーパー。そのままスウィングするも、スキをついてYOSHI-HASHIは首固めへ。だが、これはカウント2。
 続く打撃戦をYOSHI-HASHIはヘッドバットで制し、ロープに走ると、SANADAの顔面にダブルニー。そして、最後はカルマを決めて3カウントを奪取。YOSHI-HASHIが公式戦初勝利を上げ、SANADAはなんと三連敗に

YOSHI-HASHIはG1クライマックス2020初勝利

SANADAは3連敗となった。



〇KENTA VS ザックセイバーjr

G1クライマックス29で敗戦している、ザックセイバーjr

最終日に敗戦したKENTA

 

G1クライマックス30では

KENTAがグランドに誘う展開

バレット・クラブKENTAとして戦う

お互い感情むき出しの好ファイトを展開する

KENTAとザックセイバーjr

ザックは挑発するようにステップキックを連発。すると、KENTAは張り手でダウンを奪い、さらにザックの後頭部にヒザ。そしてロープに走るが、ザックはフロントネックロックで捕獲し、丸め込む。これをKENTAが返すと、ザックはランニングサッカーボールキックを繰り出すも、KENTAは足を捕獲。
 しかし、ザックは張り手の連打からロープへ。だが、KENTAはカウンターのヒザで動きを止め、最後はgo 2 sleepで3カウントを奪取。これでKENTAは2勝1敗、ザックは1勝2敗に。

あわせて読みたい記事