本隊、CHAOS連合軍VSロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

新日本プロレスRoad to THE NEW BEGINNINGセミファイナルに、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者
飯伏幸太登場。
IWGPヘビー級&インターコンチネンタル時期挑戦者SANADAが登場。
今回の主役は本間朋晃。
本隊・CHAOS連合軍VSロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。5対5イルミネーションマッチ。

トップロープから相手を落下させる。その選手は退場となる。オーバー・ザ・トップロープ。
ピンフォール、ギブアップ勝ち。
飯伏幸太はSANADAとのタイトルマッチを控えている。
棚橋弘至は鷹木信悟とのNEVER無差別シングルタイトルマッチ。
高橋ヒロムはSHOとのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチ。

マスタ・ワトはBUSHIとのシングルマッチが決定
それぞれがテーマを持っている戦い。

本間朋晃は内藤哲也にシングルマッチを要求。だが連夜のディステーノで敗戦している本間朋晃。
内藤哲也からそっぽを向かれた。

前2冠王者内藤哲也の対戦相手がいない?現状である。ノーオクパード内藤
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也ノーオクパードからオクパードへ次のターゲットは?

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也ノーオクパードからオクパードへ次のターゲットは?

本間朋晃としては内藤哲也を振り向かせたい。
本間朋晃は内藤哲也を意識するが、内藤哲也はすかした感じである。

オーバー・ザ・トップロープイルミネーションマッチ勝者は?

試合は、棚橋弘至と鷹木信吾でスタート。
好調な動きを見せる両者、NEVER無差別シングルを踏み台にする発言を嫌う鷹木信悟。

棚橋弘至からピンフォールを奪い完膚なきまでに叩き潰したい。

いきなり棚橋弘至がトップロープから落とされそうになると両軍入り乱れる

新日本プロレスイルミネーションマッチ
画像出典元
NJPW

高橋ヒロムに対してエキサイトするSHOをなだめ後退した飯伏幸太高橋ヒロムを攻め込み

本間朋晃と交代、変わった本間朋晃はこけしを(ダイビング・ヘッドバット)高橋ヒロムに狙うと見せかけ
コーナーで構える内藤哲也に体当たり内藤哲也は場外に吹っ飛んでしまう。
怒りの内藤哲也は、本間朋晃に仕返しの低空ドロップキック。

本間朋晃としたらしてやったり。
最初の退場者はSANADAと飯伏幸太。
エプロンぎわの攻防からBUSHIと衝突両者退場。続けざまに高橋ヒロムがマスタ・ワトを場外。

SHOが高橋ヒロムをトップロープから排除
鷹木信悟がSHOをトップロープから排除。試合が動きリングに残る人数が減ってくる。

本隊&CHAOS連合軍は、棚橋弘至と本間朋晃。ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンは内藤哲也と鷹木信悟が生き残る。
棚橋弘至が鷹木信悟を、トップロープから排除。圧倒的有利になった、棚橋弘至と本間朋晃。

内藤哲也は2人に責められるが、巧みなテクニックで棚橋弘至の排除に成功。
ここまでくると内藤哲也ペース。ディステーノの布石を作る首攻め入る。

誰しもがディステーノのでの決着。内藤哲也が勝利そう思わせた。
しかしロープにふられた本間朋晃は、ダイビングこけしを内藤哲也にヒットさせた。

ひるんだ内藤哲也にラリアット。場外に落とし予想を覆し本間朋晃の生き残りとなった。
本間朋晃が勝利を手にした。

イルミネーションマッチ本間朋晃
画像出典元
NJPW

勝利した本間朋晃は内藤哲也戦の思いをコメントで残した。

本間「内藤! どんな形であれ、今日は俺が勝った! 勝ったよ! こんなのは勝ちじゃないとかおまえなら絶対言わないはずだ。これでも俺は論外か! 本間論外かオイ! どっかで聞いたことあるような名前だな。これでも本間論外か! 論外じゃねーだろ。おまえは普段はスカしてるかもしれねーけど。今回はゼッテー悔しいはずだ。どんな形であろうと負けは悔しいはずだ。明日、バッチリ、“こけし”で3カウント決めて、もう論外なんて呼ばせないから」

同級生の棚橋弘至も本間朋晃を後押しする。

内藤哲也は本間朋晃にイルミネーションマッチで本間朋晃が勝利。チャンスは掴んだとしながらも、新日本プロレスを動かしてみろ。俺とのシングルマッチを実現してみろ。そうコメントを残した。本間朋晃は内藤哲也戦にたどり着けるのか?

本間朋晃477日ぶりの復活・盟友雑草と言われた真壁刀義との出会い

あわせて読みたい記事