高橋ヒロム無念のIWGPジュニアヘビー級王座返上

新日本プロレス、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロムが自らの保持する
IWGPジュニアヘビー級王座を返上した。

試合中左大胸筋完全断裂で全治約6か月と診断された、高橋ヒロムは新日本プロレスジュニアヘビー級の為にベルトを返上
防衛期限は6か月と治療が終われば王者として復活できる可能性もあるが
高橋ヒロムは迷うことなく、ベルトを返上した潔さ。

高橋ヒロムベルトを返上
画像出典元
NJPW

高橋ヒロム、再び長期欠場へIWGPジュニアヘビー級のベルト返上か?
高橋ヒロムは、今回の欠場にあたって後楽園ホールで報告をした。
前回の怪我では姿を現さなかった高橋ヒロムだが今回は、全てをさらけ出して復帰を目指す。
高橋ヒロムは、リング上で会場のファンに改めて、自らの夢を口にした。

ジュニアヘビー級のまま、IWGPヘビー級王者となり、ゴールデンタイム、東京ドーム大会でIWGPジュニアヘビー級のメインの試合をやる事。
獣神サンダー・ライガーを出来なかった途方もない夢を目指す高橋ヒロム
獣神サンダー・ライガーWWE殿堂入り日本人では3人目

大阪城大会でのエル・ファンタズモ対戦相手はBUSHI

大阪城大会で高橋ヒロムに挑戦する事が決まっていたエル・ファンタズモ.
この対戦相手に高橋ヒロムは、BUSHIを指名した。

自分のわがままを聞いてくれと、高橋ヒロムはエル・ファンタズモの対戦相手にBUSHIを指名
BUSHIさんよろしくお願いいたしますとリングを後にした。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン盟友BUSHIに託した。



エル・デスペラードが新王者決定戦に疑問を投げかける。

高橋ヒロムとBUSHIが挑戦するはずであった、エル・ファンタズモ&石森太二が保持する
IWGPジュニアヘビー級タッグ選手権.

高橋ヒロムの怪我ですぐ動いたのは、金丸義信&エル・デスペラードの前王者
エル・ファンタズモと石森太二に挑戦.

エル・ファンタズモの疑惑のスーパーキックを石森太二に誤爆させた
金丸義信の頭脳的な作戦から、エル・デスペラードがピンチェ・ロコからピンフォール勝ちで王座を奪還
そこで発した、IWGPジュニアヘビー級王座決定戦への疑問
誰も納得しねぇぞと、エル・ファンタズモに問いかける。

ベスト・オブ・スーパジュニアリーグ戦トップで通過、準優勝のエル・デスペラード
ベスト・オブ・スーパジュニア27エル・デスペラードVS高橋ヒロム衝撃の結末

ベスト・オブ・スーパジュニア27エル・デスペラードVS高橋ヒロム衝撃の結末

ベスト・オブ・スーパジュニアで男を上げたエル・デスペラードもまた新日本プロレスジュニアヘビー級を熱く考える男の1人である。
100歩譲って、トリプルスレット戦
3WAYマッチ3人で王座を争う、事を提案、エル・ファンタズモがエル・デスペラードにスーパーキック
BUSHIが登場エル・ファンタズモにエムエックスを決めて最後は、BUSHIのテーマソングで終了となった。
BUSHIは高橋ヒロムの期待に答えられるか?

エル・デスペラードは高橋ヒロムに変わり新日本プロレスジュニアヘビー級を牽引
マスター・ワトは?SHOは?気になる新日本プロレスジュニアヘビー級戦線。


あわせて読みたい記事