新日本プロレス鹿児島大会

レスリングどんたく2021 鹿児島大会レスリング薩摩の国。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン鷹木信悟&内藤哲也vsUNITED EMPIRE ウィル・オスプレイ&グレート-O-カーン

ユニット頂上決戦。
4対4では圧倒的な強さを見せるUNITED EMPIRE。
鷹木信悟&SANADAvsウィル・オスプレイ&アーロン・ヘナーレでは、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン勝利している。
グレート-O-カーンとしては、広島大会で内藤哲也に敗戦。
内藤哲也vsグレート-O-カーン広島決戦勝者は?内藤時代終焉か?

もはや負けれない戦いが続く。ユニット対戦で負け越しているロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとしては
タッグでは、ユニットの存在感を示したい。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
画像出典元
NJPW

試合は、広島大会の延長のように内藤哲也とグレート-O-カーンの攻防。弁髪を引っ張りまわし鷹木信悟にスイッチ。
IWGP世界ヘビー級王座を争う鷹木信悟とウィル・オスプレイのハイレベルな戦い。
鷹木信悟の元気の良さが目に付く。

ウィル・オスプレイ&グレート-O-カーンを圧倒する場面も。
試合は、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンがUNITED EMPIRE分断に成功。
ウィル・オスプレイをパンピングボンバーで排除する。

内藤哲也が、グレート-O-カーンにマンハッタンドロップ。延髄へのキック。
鷹木信悟のパンピングボンバー。ラスト・オブ・ザ・ドラゴンでグレート-O-カーンからピンフォール勝ち。

ラスト・オブ・ザ・ドラゴン
画像出典元
NJPW

試合後、ウィル・オスプレイと小競り合いの鷹木信悟。
エルボーからストームブレーカーを狙われた。だがそれを回避逆にラスト・オブ・ザ・ドラゴンでウィル・オスプレイをKO
風向きが鷹木信悟に向いてきた。
鷹木信悟のIWGP世界ヘビー級王座獲得は夢物語ではなくなって来た。

内藤哲也はジェラシーも鷹木信悟をアシスト。

内藤哲也は鷹木信悟の調子の良さにジェラシー。
今回のユニットの勝利は大きいと言う。

完全に風向きが変わって来た。
同じユニット、競い合う仲間として鷹木信悟をサポートするが
やっぱり悔しいとコメント。
内藤哲也らしさも見せた。

鷹木信悟は明日からも、ウィル・オスプレイの首を狙うと宣言。
2021年の鷹木信悟の活躍がめざましい。
一気に頂点へ向かうか?

鷹木信悟、IWGP世界ヘビー級王座挑戦 新日本プロレスの頂点へ。

あわせて読みたい記事