鷹木信悟新日本プロレスへ登場

2018年ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの新パレハとして登場した鷹木信悟。
当時の鷹木信悟は、DRAGON GATEから新日本プロレスへ参戦。DRAGON GATEがジュニアヘビー級の団体と言う印象。
高橋ヒロム欠場の穴埋め的な印象が強く、鷹木信悟は、ジュニアヘビー級での参戦と思われた。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新パレハ「X」鷹木信悟登場。

だが初戦から、そのパワフルな攻撃は、ジュニアヘビー級を飛び越えてヘビー級でも通用する戦いであった。
オカダ・カズチカ率いるCHAOSと戦った鷹木信悟は、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンでSHOからピンフォール勝ちを奪った。
ラスト・ファルコンリーからラスト・オブ・ザ・ドラゴンの名前変更でのフィニッシュ。

鷹木信悟ラスト・オブ・ザ・ドラゴン
画像出典元
NJPW

新日本プロレス参戦前には、全日本プロレスのチャンピオンカーニバルで3冠王者宮原健斗を、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンでピンフォールを奪っている。

この年は、新日本プロレスの話題は多く。ケニー・オメガ新日本プロレス退団へカウントダウン。
ジェイ・ホワイトのCHAOS脱退。
G1クライマックス棚橋弘至優勝などの中に、鷹木信悟は登場した。

SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018にBUSHIと出場。リーグ戦で同率の3チームになったTAGリーグ。
決勝でROPPONGI 3Kと鈴木軍エル・デスペラード&金丸義信と対戦。ROPPONGI 3Kに優勝をさらわれた。
この辺りから、鷹木信悟のヘビー級転向を視野に入れた戦いへ移っていく。

IWGPジュニアヘビー級タッグ王座となった鷹木信悟。
BEST OF THE SUPER Jrでは全勝でAブロック突破。決勝でウィル・オスプレイに敗戦。
新日本プロレスでの無敗伝説が終了した。

BEST OP THE SUPERJr.26 鷹木信悟無敗で制覇なるか?

G1クライマックス29に、ジュニアヘビー級でエントリーした鷹木信悟とウィル・オスプレイ。
鷹木信悟は4勝。ウィル・オスプレイも4勝でヘビー級での実績を互いにつけていく。
G1クライマックス29終了。
鷹木信悟とウィル・オスプレイはヘビー級転向の道を歩む。

ウィル・オスプレイは、NEVER無差別級王者となり。
鷹木信悟も翌年NEVER無差別級王者、NEVER無差別級6人タッグ王者とNEVER無差別級2冠となる。

2020年激動の年に入ると、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンからEVILが脱退
新型コロナウィルス感染で試合が出来ない日が続く、鷹木信悟はNEVER無差別級に拘る戦いをする。
NEW JAPAN CUP出場を果たすもSHOに1回戦で敗れる。

NEVER無差別級王座を鈴木みのるに奪われて参加した、G1クライマックス30
昨年同様4勝だったが、優勝した飯伏幸太から勝利を奪う。
G1クライマックス終了後、飯伏幸太から対戦の声がかからなかった。

この事が今回オカダ・カズチカとウィル・オスプレイの前に現れた大きな要素となる。
IWGP世界ヘビー級王者 ウィル・オスプレイの次期挑戦に オカダ・カズチカ指名だが登場したのは?

ウィル・オスプレイ次期挑戦者
画像出典元
NJPW

NEVER無差別級王座を鈴木みのるから奪い返し、新日本プロレスのエース棚橋弘至と防衛戦を行った鷹木信悟。
棚橋弘至と絡むことで鷹木信悟の知名度、認知度、強さが一気に注目を集める。

棚橋弘至と言う新日本プロレスのフィルターを通して見ると、鷹木信悟の凄さが分かる。
棚橋弘至は無類の強さを誇ったケニー・オメガに賞味期限切れを言い渡した2018年
鷹木信悟が登場した日である。

凄い試合をしても、ここは新日本プロレス。お客さんを置いてけぼりにする事は許さないと。
棚橋弘至にとって鷹木信悟は、ファンを大事にするレスラー。王者の鏡であった。
そんな鷹木信悟は、棚橋弘至に敗戦。
鷹木信悟から奪ったNEVER無差別級王座を棚橋弘至は、こだわりをもって保持している。
鷹木信悟と対戦した事で棚橋弘至も、その強さを取り戻したように思える。

IWGP世界ヘビー級王座挑戦へ

鷹木信悟の強さを見せつけた、NEW JAPAN CUP 2021

鷹木信悟はよく知っている。オカダ・カズチカが優勝宣言して挑んだ、NEW JAPAN CUP1回戦。
新日本プロレスは、棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也が主役。
IWGPヘビー級王座奪還を公言したオカダ・カズチカ。

ファンは、オカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座への思いを久々に聞いた。
盛り上がりを見せる新日本プロレス。
鷹木信悟は、オカダ・カズチカのストーリーの踏み台にはならなかった。
オカダ・カズチカ優勝から飯伏幸太へのIWGPヘビー級王座挑戦へのストーリーをぶっ壊して見せた。

NEW JAPAN CUP2021・1回戦システム崩壊、鷹木信悟、オカダ・カズチカに勝利

鷹木信悟ラスト・オブ・ドラゴン
画像出典元
NJPW

後藤洋央紀、KENTA、EVILと強豪を破って決勝まで進んで見せた鷹木信悟。
決勝で壮絶な試合をウィル・オスプレイと展開。
敗戦した鷹木信悟だが、新日本プロレストップと認知された。NEW JAPAN CUP 2021

ウィル・オスプレイが飯伏幸太から、IWGP世界ヘビー級王座を奪った。
新日本プロレス流れは、飯伏幸太、ウィル・オスプレイ、そしてオカダ・カズチカへと向かう。
だが、再びジャイアン鷹木信悟が登場。

ウィル・オスプレイの挑戦をオカダ・カズチカから奪い取った。
NEW JAPAN CUPでオカダ・カズチカからの勝利。NEW JAPAN CUP準優勝を肩書に、堂々とIWGP世界ヘビー級王座挑戦をぶち上げた。

ウィル・オスプレイとオカダ・カズチカの決戦を待ち望んでたファンも多いが、鷹木信悟の挑戦は当然のアピール。
このチャンスを逃したら、IWGP世界ヘビー級王座挑戦は遠のく。
飯伏幸太が勝利したら、当然鷹木信悟は登場した。
ウィル・オスプレイが勝利しても登場まさにジャイアン。

ウィル・オスプレイと鷹木信悟の勝者にオカダ・カズチカが挑戦。
このタイトルマッチは、東京ドームとなった。
この東京ドーム決戦に不満を言う鷹木信悟。

毎年新日本プロレスの東京ドーム大会を見ていたと言う鷹木信悟。
東京ドームのメインで試合をするのはレスラーの夢。
おれが王者でオカダ・カズチカを迎え撃つと宣言した鷹木信悟。

鷹木信悟が、新日本プロレス頂点へ向かう。IWGP世界ヘビー級王者となるか?
注目の戦いは、レスリングどんたく 2021 福岡大会。

IWGP世界ヘビー級王者 ウィル・オスプレイ王座防衛なるか?分岐点となるUNITED EMPIRE

あわせて読みたい記事