丸藤正道vs杉浦貴G1GHCヘビー級選手権試合

プロレスブログ・ノアの丸藤正道が杉浦貴とGHCヘビー級選手権試合。
プロレスリング・ノア生え抜きの丸藤正道と杉浦貴。

武藤敬司からGHCヘビー級を奪還。
防衛戦に挑んだ。

試合は30分を超す激闘。
丸藤正道がポールシフト式エメラルドフロージョンで杉浦貴から勝利を収めた。

GHCヘビー級選手権試合
王者丸藤正道vs挑戦者杉浦貴

32分19秒ポールシフト式エメラルドフロージョン
丸藤正道王座防衛に成功。
時期挑戦者に桜庭和志。

情報元:プロレスリング・ノア

新日本プロレス追撃のプロレスリング・ノア

プロレスリング・ノアとDDTのサイバーファイトフェスティバル。
フェスティバルで見せたプロレスリング・ノアの底力と魅力、

ジュニアヘビー級でもレベルの高い戦いを見せるプロレスリング・ノア
HYATAが現在ジュニアヘビー級のトップに君臨するがベルトがどこに移動してもおかしくない状態
ヘビー級では、丸藤正道、杉浦貴、拳王、中嶋勝彦、マサ北宮に武藤敬司などを加えた布陣。

清宮海斗の復活があればまたプロレスリング・ノアに新しい風が吹くであろう。
現在日本プロレスのトップを走る新日本プロレスだがプロレスリング・ノアの追撃が始まった。

新日本プロレスだけがプロレスではないと誰かがつぶやいた。
プロレスが再び戦国時代に突入するには、プロレスリング・ノアの台頭が必要。

生え抜きの丸藤正道、杉浦貴の牽引。
武藤敬司をどう吸収するか?

三沢光晴、武藤敬司の血が入ったプロレスリング・ノア。

あわせて読みたい記事