Presents SUMMER STRUGGLE in OSAKA

新日本プロレスSUMMER STRUGGLE in OSAKA

注目の内藤哲也vsザックセイバーjr戦
IWGPヘビー級タッグ王者、内藤哲也&SANADA
挑戦者タイチ&ザックセイバーjrとシングルマッチ。

1日目の内藤哲也vsタイチ
タイチがピンフォールで内藤哲也から勝利。

SANADAvsザックセイバーjr
ダブルフォールで引き分けとなった。

SANADAとザックセイバーjr
画像出典元
新日本プロレス
NJPW

ユニット成績1勝1敗1引き分けで迎える2日目相手を変えて対戦。

内藤哲也、ザックセイバーjrからピンフォール勝ち

どちらかと言うと苦手な印象のザックセイバーjr
内藤哲也は、最初からペースを握る展開。

ザックセイバーjrの空間を作らない試合運び。
ザックセイバーjrを何度も場外に放り投げ、ザックセイバーjrをイラつかせる内藤哲也。

更に内藤哲也は、ザックセイバーjrの痛めてる足に、関節技を何度も仕掛ける。
ザックセイバーjrもネックツイストなどで内藤哲也を攻める。

ザックドライバーを交わし、後方に着地すると、ザックセイバーjrの左足裏にドロップキック。
なんとも危険な香りがする技、ここでザックセイバーjrの勢いが止まる。

更に試合進み、再びザックドライバーを狙った所を内藤哲也は、バレンティアで脳天から叩き落とし。
大きな声で吠えると、ディステーノでザックセイバーjrからピンフォール勝ち。

対戦成績を1勝1敗にした内藤哲也。

内藤哲也vsザックセイバーjr
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

東京ドーム大会でのIWGPジュニアヘビー級タッグ王座戦へ勢いを付けた内藤哲也。
だがザックセイバーjrもこのままでは終わらない。
2回連続で内藤哲也にやられたザックセイバーjrの巻き返しが不気味でもある。

Presents SUMMER STRUGGLE in OSAKA SANADAvsタイチ

初日ザックセイバーjrとテクニック合戦を見せたSANADA。
改めて、SANADAの奥の深いレスリングテクニックを思い知らされた。

2日目のタイチ戦。
内藤哲也に勝利して勢いに乗るタイチ。

先に入場してSANADAを待つタイチ。
タイチは相撲殺法、全日本プロレス四天王バリのデンジャラス殺法で躍進して来た。
のど輪のチョーク攻撃でSANADAを攻めるタイチ。

パラダイスロック、TKOでタイチを攻めるSANADA。
終盤タイチは、アックスボンバー、タイチ式ラストライドを決めて試合を優位に進める。
キックアウトするSANADAだが、勝ちはタイチに見えてきた。

ブラックメフィストをオコーナーブリッジで返すSANADA。
それを、タイチ式外道クラッチでSANADAを抑え込む。

だがSANADAは再びオコーナーブリッジ。
SANADAがピンフォール勝ち。

明らかにタイチの勝利が見えた所でSANADAのテクニックが上回った。
SANADAは1勝1引き分け。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンが2勝1敗1引き分けでシングルマッチはロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの勝利となった。
新日本プロレス IWGPヘビー級タッグ王者内藤哲也、SANADAシングル戦結果

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
内藤哲也とSANADAが王者となった事で、明らかにIWGPヘビー級タッグ王座へ大きく光が当たる事に。
まざまざと見せつけられた、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの人気と実力。

東京ドーム大会で勝利を掴むのは、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也&SANADA?
鈴木軍タイチ&ザックセイバーjr?

あわせて読みたい記事