鷹木信悟IWGP世界ヘビー級選手権試合防衛に成功

鷹木信悟が、棚橋弘至とIWGP世界ヘビー級選手権試合を行い防衛に成功。

試合は、飯伏幸太欠場で急遽。棚橋弘至が出陣。
急遽決まった対戦であったが、試合は激しい戦いを見せ結果鷹木信悟が、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで勝利。

王座防衛に成功した鷹木信悟。
鷹木信悟が感動のマイクパフォーマンス。
棚橋弘至と再戦を誓う。

更に飯伏幸太にメッセージを送った。
速報 棚橋弘至 IWGP世界ヘビー級選手権試合へ。過去と未来を繋げれるか棚橋弘至

だがその直後、会場が暗くなりEVILが画面に登場した。
EVILが鷹木信悟のIWGP世界ヘビー級王座挑戦を宣言。

会場が明るくなると。
鷹木信悟の後ろにEVILが。

EVILが鷹木信悟をKO

鷹木信悟の後ろに現れた“キング・オブ・ダークネス”EVIL。
疲労こんぱいの鷹木信悟に、変形大外刈りEVILを決めた。

“キング・オブ・ダークネス”EVIL
画像出典元
NJPW

意識がなくなる鷹木信悟にやりたい放題のEVIL。
更には、IWGP世界ヘビー級王座を肩にかけて放り投げるEVIL。

鷹木信悟はヤングライオンに担がれて退場となるバットエンド。

EVILは、鷹木信悟に逃げるなら逃げろと悪態。
鷹木信悟は一言だけやってやると追撃態勢となった。

これで事実上、鷹木信悟vs“キング・オブ・ダークネス”EVILのIWGP世界ヘビー級王座戦が決定となる。
強引に勝ち取ったIWGP世界ヘビー級への挑戦。

悪のEVIL全開である。

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者EVIL

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退、BULLET CLUB加入した2020年
2020年前半は、EVILを中心に話題を独占した。

NEW JAPAN CUPで優勝。したEVILは、内藤哲也から強引にIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠を奪った。
NEW JAPAN CUP 2020 キング・オブ・ダークネスEVIL初優勝。

その後内藤哲也に再び王座は戻ったが、オカダ・カズチカとの抗争などで一時IWGPのベルトから遠ざかった。
だが、一度も勝ててない石井智弘をディック東郷、高橋裕二郎を使い勝利したEVIL。

翌日の東京ドーム大会出場を欠場。
ディック東郷に代わると。突如メインの鷹木信悟襲撃となった。

再び動き出した、“キング・オブ・ダークネス”EVILの天下取り。
悪の限りを躊躇なく使うEVIL。

鷹木信悟の苦戦。もしくは王座陥落の可能性も。
新日本プロレスは鷹木信悟vs“キング・オブ・ダークネス”EVILのIWGP世界ヘビー級選手権試合を決定するか?

NEW JAPAN CUP 2021 準決勝 鷹木信悟VSキングオブ・ダークネスEVILの結果は?

鷹木信悟とEVILIWGP世界ヘビー級王座戦決定

メットライフドームで鷹木信悟とEVILのIWGP世界ヘビー級王座選手権試合が決定。
東京ドーム大会をバットエンドにしたEVILの制裁に動く鷹木信悟。

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンvsBULLET CLUBイルミネーションマッチ

鷹木信悟と“キング・オブ・ダークネス”EVILのIWGP世界ヘビー級王座戦がきまると。

鷹木信悟とEVILがお互いのユニットを交えて前哨戦を開始。
初戦はEVILがBUSHIからピンフォール勝ち。

迎えたユニットをイルミネーションマッチ。
2021年7月30日後楽園ホール

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
鷹木信悟&内藤哲也&SANADA&BUSHI

BULLET CLUB
“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&石森太二&エル・ファンタズモ

鷹木信悟が高橋裕二郎をオーバー・ザ・トップロープ。
だがEVILが鷹木信悟をオーバー・ザ・トップロープで失格。

早くも鷹木信悟は脱落してしまう。
SANADAが石森太二を退場に追い込む。

だがSANADAもエル・ファンタズモに退場させられる。
まさに一進一退。

内藤哲也がエル・ファンタズモを失格に追い込む。
残ったのは内藤哲也とBUSHI

BULLET CLUBはEVILとロスインゴベルナブレス・デ・ハポン有利。
だが試合に参加していないディック東郷が介入内藤哲也を退場に追い込む。

BUSHIとEVILの対戦になりBUSHIもEVILを攻め込むもEVILが体力的にも圧倒的に有利。

だが場外の鷹木信悟が、ディック東郷を攻めると、EVILが気をそらす。
そこを見逃さないBUSHIがEVILを場外へ。

鷹木信悟の作戦勝ちでロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの勝利。

なぜこのベルトが欲しいのか、伝わってこねえぞ。俺が持ってると価値がない? おいおいおいおい! じゃあ、お前はどれだけ価値のあるレスラーなんだ? オカダ、棚橋と続いたこのIWGP世界戦。次はお前だぞ。お前はオカダ、棚橋と同等、いやそれ以上に価値のある戦いができるのか、EVIL? もしかしたらお前、すでにプレッシャーでガチガチなんじゃねえのか?」

あわせて読みたい記事