NEW JAPAN CUP 2020決勝戦キング・オブ・ダークネスEVILがオカダ・カズチカ撃破

NEW JAPAN CUP 2020の決勝戦 自粛解除後の初めての観客を入れて開催される、大阪城ホール

昨年覇者オカダ・カズチカとキング・オブ・ダークネスEVILの対決 オカダ・カズチカの連覇か?執念のEVILか?
安定した強さを見せるオカダ・カズチカ、反則すれすれで勝ち上がってきたEVIL
この時、EVILの考えを理解してるものはいなく、EVILがまさかロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退・裏切るとは
覚悟のNEW JAPAN CUP 2020であった。

反則もロスインゴベルナブレス・デ・ハポンと決別の為、NEW JAPAN CUP優勝の為バレット・クラブへの手土産だった。

キング・オブ・ダークネスEVILが初優勝

EVILからの片エビ固め。内藤哲也の予言通りEVILが優勝
内藤哲也の保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座に挑戦
一方オカダ・カズチカは連覇ならず。




キング・オブ・ダークネスEVILがバレット・クラブ加入?

NEW JAPAN CUP 2020を制覇したキング・オブ・ダークネスEVILがバレット・クラブ加入?

脱・内藤哲也にEVILの下克上はおきるか?ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン崩壊は?

キング・オブ・ダークネスEVILNEW JAPAN CUP 2020戦い方の変化

1回戦小島聡とも真っ向勝負を展開したEVIL
小島聡のラリアットを強烈と言いながらも勝ったのは俺といつも通りのEVILに感じた。

EVIL「(※インタビュースペースに着くと片膝を立てて座り込み)小島のラリアットは、強烈だ。確かに、強烈だ。だが、勝ったのはこの俺だ! リング上でも言った通り、この俺が、今年のトーナメント、何が何でも、優勝してやるからな。そして、内藤の持つベルト2本を奪い、覇者で王者の3冠王になってやる。よく、覚えとけ!」

2回戦後藤洋央紀戦からEVILの戦いに変化が現れる、後藤洋央紀との対戦成績で分の悪いEVIL
フィニッシュ技のGTRを狙った後藤洋央紀をレフリーに激突させ
先にEVILが起き上がり、両足を掴んで急所へストンピング
なんともえげつない攻撃を出したEVIL
そして決め技のEVILをさく裂難敵後藤洋央紀から、3カウントを奪う

EVIL「言っただろ。このトーナメントはこの俺ナンバー1になるためのトーナメントだ。よく覚えとけ。そのために何がなんでも勝ってやるから、よく覚えとけ!」

キング・オブ・ダークネスEVIL急所へストンピング
画像出典元
NJPW

メインイベント終了後、ダウンしたままの後藤を見下ろしながらマイクを手にしたEVIL。 「いいか、EVILが2回戦突破だ、この野郎。このトーナメントは、オレがナンバーワンだということを証明するためのものだ。新しい新日本の頂点に君臨するのは、この俺だ。よく覚えとけ。This is EVIL。Everythingu is EVIL。すべては……EVILだ!」と優勝宣言を放ってリングを下りた。

3回戦では、YOSHI-HASHIにわずか2分で勝利
怪我をしてるYOSHI-HASHIに容赦ない攻撃

EVIL「YOSHI-HASHIのヒザも、ハートも、砕け散ったな、オイ。この俺が、ナンバーワンになってやる。よく、覚えとけ!」

キング・オブ・ダークネスEVILニュージャパンカップ
画像出典元
NJPW

4回戦は同門SANADA戦ここで、異変に気付くべきであった SANADAとは、正当に戦うと予想されたEVILであったが
序盤は軽く握手をかわすも、EVILを仕掛ける。
SANADAもskull Endを仕掛ける読み合いから始まる。レフリーを激突、パイプ椅子攻撃
SANADAに対しても、急所へストンピング攻撃 EVILから3カウントを奪う

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン同門SANADAに対しても執念で勝利して見せた。

EVIL「一つだけ言っといてやる! 何が何でも勝つというのは手段は選ばねぇって意味だ。次、誰が来ても一緒だ。このトーナメントは俺が全て飲みこんでやるからな! 優勝は俺のものだ、よく覚えとけ!」

決勝のオカダ・カズチカ戦は、試合終盤バレット・クラブが介入 不穏な空気でEVILをサポートした。

EVILは、バレット・クラブのサポートで窮地を逃れ
急所攻撃、急所へストンピング攻撃、EVILでオカダ・カズチカから3カウント。

EVILがオカダ・カズチカへ急所へストンピング攻撃
画像出典元
NJPW

急所へストンピング攻撃がピックアップされるが、EVILの実力は本物で そこへ反則をおり交ぜてくる攻撃
執念でオカダ・カズチカをも撃破したキング・オブ・ダークネスEVIL

NEW JAPAN CUP 2020優勝となった。
内藤哲也をリングに呼び出し、内藤哲也にEVILを仕掛け ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに決別
バレット・クラブ入りを果たした。
KENTA、EVILとバレット・クラブの仕掛けは止まらない



NEW JAPAN CUP 2021でも破竹の勢いで勝ちあがるキングオブ・ダークネスEVIL連覇なるか?

あわせて読みたい記事