鈴木みのるNEVER無差別6人タッグ挑戦

鈴木軍鈴木みのる。
G1クライマック開幕前に動き出した。

G1クライマックの出場枠を掴むために王座挑戦か?
しばらく沈黙をしてきた鈴木みのる。

ジュニアヘビー級では、エル・デスペラードが躍進。
タイチ&ザックセイバーjrは、G.o.Dからロスインゴベルナブレス・デ・ハポンと戦い。
現在もIWGPヘビー級タッグ王者。

新日本プロレス内藤哲也、タイチにピンフォール負け SANADAとザックセイバーjr

鈴木軍鈴木みのるが動き出した。

G1クライマック落選の苦い過去

当然今年もG1クライマック出場を目指す鈴木軍鈴木みのる。

新日本プロレスG1クライマック31のエントリー選手は?当確、落選

エントリー枠から外れた苦い過去も。
だがベルトを巻けばG1クライマック出場は無条件エントリーとなるであろう。
実績のある選手でさえ、G1クライマック出場は、現在の活躍。その活躍が評価となると思われる。

鈴木みのるがNEVER無差別6人タッグ王者となれば、G1クライマック出場当確であろう。
どこまでの戦略があるか分からないが、鈴木みのるのNEVER無差別級6人タッグ王座挑戦が決まった。

王者後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&石井智弘vsタイチ&ザックセイバーjr&鈴木みのる。
プロレス王鈴木みのるが動き出す。

NEW JAPAN CUP 2021 2回戦KENTA VS 鈴木みのる15年振りの対戦結果は?

あわせて読みたい記事