後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHI8度目の防衛に成功

CHAOS後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHIがNEVER無差別6人タッグ王座防衛に成功。
最多防衛記録を持つCHAOS軍。

対戦相手はIWGPヘビー級タッグ王者タイチ&ザックセイバーjrと鈴木軍大将鈴木みのる。
対戦前から、IWGPヘビー級タッグ王者の方が上と言うザックセイバーjr。

だが結果は後藤洋央紀&YOSHI-HASHIの合体攻撃で鈴木みのるを仕留めた。
CHAOS軍は再び、王座防衛記録を再び更新した。

防衛戦のたびに強くなるCHAOS軍後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHI。
防衛は、永遠か?

試合後ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン登場

試合後登場したのはロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。
一度NEVER無差別6人タッグへ挑戦。

そしてYOSHI-HASHIがBUSHIを仕留めた。

NEVER無差別級6人タッグ王座戦CHAOS防衛、内藤哲也屈辱の敗戦

これを機に、IWGPヘビー級王座戦線へ動き出したロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンBUSHIが再びリベンジの為
挑戦表明マイクを握った。

BUSHI
チャンピオンチーム、防衛おめでとう。
俺はこのままじゃ終われない。

「チャンピオンチーム、防衛おめでとう(場内拍手)。オレはな、このままじゃ終われないんだよ。なんでも、防衛するのは永遠なんだよね? だったら、また、この3人でリベンジさせてくれよ」

すると、後藤とYOSHI-HASHIは話し合いを始める。そして後藤は再びマイクを握ると「OK! その挑戦、受けてやるよ」と呼応。

あっさりと挑戦が決まった。
誰の挑戦でも受ける。

CHAOS、石井智弘&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI
それを実践した。

再び対戦が決まった。後藤洋央紀&石井智弘&YOSHI-HASHIvs内藤哲也&SANADA&BUSHI

NEVER無差別6人タッグ選手権試合 石井智弘第三世代と握手

あわせて読みたい記事