飯伏幸太右肩脱臼

2021年の飯伏幸太は、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者の2冠王者となり
打ち出したプランは、IWGPヘビー級の統一。

飯伏幸太のプラン通り、IWGPヘビー級はIWGP世界ヘビー級と名を変えた。
初代IWGP世界ヘビー級王者となった飯伏幸太
新日本プロレスのトップに立った飯伏幸太

迎えた初防衛。

飯伏幸太は、NEW JAPAN CUP優勝ウィル・オスプレイに敗戦。
王座陥落となった。

前IWGP世界ヘビー級王者 飯伏幸太足首の故障を告白。

しばらく欠場していた飯伏幸太。
東京ドーム大会前日 飯伏幸太欠場 どうなる?IWGP世界ヘビー級選手権試合の相手は?

その後IWGP世界ヘビー級王座はウィル・オスプレイの欠場で、オカダ・カズチカvs鷹木信悟で決定戦が行われる。
ベルトは鷹木信悟の腰に。

その鷹木信悟から指名を受けた飯伏幸太だが、飯伏幸太 誤嚥性肺炎となり再び欠場となる。

G1クライマックス3連覇をかけて挑んだ飯伏幸太。
決勝までたどり着く。

レインメーカー復活と飯伏幸太3連覇で注目を集めたG1クライマックス31決勝戦。
激闘を繰り広げた。

カミゴェでオカダ・カズチカを追い込んだ飯伏幸太だが、キックアウトされると
捨て身のフェニックススプラッシュを出したがすんでの所でオカダ・カズチカが、かわし誤爆

そのままの勢いでリングに叩きつけられた飯伏幸太。

だが誤爆。飯伏幸太は起き上がれず
そのままレフリーストップとなった。

後味の悪いG1クライマックス31決勝戦となった。

その後飯伏幸太の怪我は右肩脱臼の大怪我と診断された。
飯伏幸太はオカダ・カズチカの底力を見たと発言。

再び欠場に追い込まれた。

オカダ・カズチカとの再戦を誓う飯伏幸太
オカダ・カズチカとも飯伏幸太との再戦を新日本プロレスに要望した。
飯伏幸太の怪我は、今後精密検査を経て発表される模様。

飯伏幸太の怪我の症状は?全治2か月の診断

関連