女子プロレス界スーパースター紫雷イオ敗退

シンデレラ・トーナメントで、優勝者

若干18歳の、「クイーンズ・クエスト」渡辺桃が

「クイーンズ・クエスト」リーダー紫雷イオを撃破した。

 

先輩の厳しさを教える、プロレスの厳しさを教えるはずの試合だった。

スターダムの象徴でもある、ワンダー・オブ・スターダム王者が

紫雷イオから渡辺桃の腰に移動した。

 

紫雷イオVS渡辺桃
画像出典 東スポWEB

シンデレラ・トーナメントは短時間で

勝敗を決める、トーナメント

誰しもが優勝できる可能性があるのが

シンデレラ・トーナメント

 

しかし、反面優勝もまた難しいトーナメント

決勝戦は、紫雷イオVS岩谷麻優の実力者が引き分けに終わったため

戦わずして優勝となった。渡辺桃

 

紫雷イオの時代を終わらせる シンデレラトーナメント優勝・渡辺桃

 

優勝直後、紫雷イオに挑戦表明

紫雷イオの時代を終わらせると豪語した、18歳・渡辺桃

誰しもが、紫雷イオの返り討ちを予想した。

調印式で渡辺は「シンデレラになったことが自信になった。偶然ではなく実力だと証明したい。このベルトを取って紫雷イオの時代を終わらせ、私の時代を築きたいと思います」と王者を前に堂々とした口調で宣言した。

 

一方の王者紫雷イオは、余裕のコメント

一方、この日、28歳の誕生日を迎えたイオは「紫雷イオの時代を終わらせると言われたけど、誰が終わると思っているのでしょうか? 終わるわけないでしょ。会場を凍りつかせる試合を先輩として見せ、最多防衛記録を更新します」と余裕の表情だった。

Sponsored Link




ワンダー・オブ・スターダム選手権防衛記録

白のベルトであるワンダー・オブ・スターダム

スターダムの象徴でもある白のベルト

その防衛記録V10を記録したばかりの紫雷イオ

 

防衛記録回数を上澄みする試合であった。

人気・キャリア・実力とも申し分ない紫雷イオ

スターダム・女子プロレス界の象徴ともいうべき紫雷イオが

敗退した。

キャリア、実績を比べると明らかに格下の挑戦者に、序盤から容赦しなかった。重いエルボーや場外へのムーンサルトプレス、エプロンでの原爆弾を次々と繰り出し、追い込んでいく。だがこの日の渡辺は粘り強かった。 何度となく訪れたピンチを脱すると、チキンウイングフェースロックでペースを奪い返した。最後は必殺のテキーラサンライズ(変型猛虎原爆)から、新技のリストクラッチ式変型テキーラ弾でイオから3カウントを奪取した。新王者は「未来への扉をこじ開けました。これで紫雷イオの時代が終わったかといえば違う。だけど私の時代が始まりました」と喜びをあらわにした。 一方のイオは「正直言って、この結果をすんなり受け止めたくない。だけど私がベルトを守ってきた覚悟より、桃の決意が上回った結果だと思う。人生をかけて守ったベルトなので、これまで以上に輝かせてください。私は私なりの方法で、頂点を目指します」と語った。

 

王者は、意外な所で敗戦するもの

しかし、新王者の誕生が、プロレスは活性化するのも事実

若干18歳の王者は、王者としての重圧に耐えられるか

また、進化するためには必要な条件になる。

 

新日本プロレスのオカダ・カズチカは絶対王者に君臨している

プロレスファンは残酷なものでその絶対王者を

倒す、レスラーを求める節がある、

 

女子プロレス界の伝説のレジエンドレスラー長与千種

長与千種は、負けの美学、やられる美学を持つレスラーだ

負ける事でファンを獲得してきた節もある。

 

紫雷イオが白のベルトから陥落したが

また、新しい紫雷イオの時代の予感すらする

 

紫雷イオが次にどのプランをすすめていくのか

ファンも注目である。

紫雷イオの赤のベルトも見てみたいものである。

Sponsored Link