メジャー王座初戴冠を果たした中邑

黒いロックスター中邑真輔しばらく、反則攻撃を封印していたが
リング前に奇襲の金的攻撃
試合開始、6秒でキンシャサー弾を炸裂させベルトを強奪した。

AJスタイルズの持つ、WWE世界王者戦を得て
WWE・ユナイテッドステイツ王座戦に挑んだ中邑真輔。

NWA時代から続く由緒正しい世界のベルトである
NWA時代初代王者は日本でもお馴染みのハーリーレイス。
WCW時代に突入するとスタンハンセン、ベイダー。

日本人では、佐々木健介とタジリが王座を獲得している。
WWEで王座が復活すると、クリス・ジェリコ、AJスタイルズ、ジンダー・マルハ
などWWEの王座を獲得してるレスラーも多い

WWEになってからの日本人選手の獲得はなく、中邑真輔の快挙となる。
AJスタイルズとの王座戦に敗退、数回のチャレンジでも獲得ならなかったWWE王座
黒のロックスターとなり、中邑真輔に注目を集めた。
そしてUS王座獲得となった。
まだまだ中邑真輔の勢いは継続中である。

中邑はゴング前に王者の背後から急所へ一撃。ここ最近は封じていた禁じ手だ。もん絶する王者。レフェリーも困惑の表情を浮かべた。するとゴングと同時に中邑がキンシャサ弾を発射。そのままカバーに入り、わずか6秒で新王者となった。

WWE・SD中邑真輔、アポロ・クルーズに勝利するも、最後はKOされる。

あわせて読みたい記事