女帝アスカ君臨スマックダウン女子王座防衛戦

トリプルスレッドTLC戦で勝ち抜き、WWEスマックダウン女子王座を獲得

ディーバの頂点に立った、女帝アスカ

明日の女帝アスカと呼ばれた、アスカは日本人としてブル中野以来2人目の頂点に立った。

明日の女帝アスカWWE女子王座
2018 WWE,Inc.All Rights Reserved.

日本での女子プロレス不遇時代を生き抜き、華名として数多くのプロデュースをして

紫雷姉妹と、トリプルテイズを結成

男子レスラーとも試合をした。

日本にいたら、アスカはここまで注目を浴びる事はなかったであろう。

WWEに移籍、育成のNXTでは無敗であった。

 

そして、スマックダウン女子王座に挑戦

王者ベッキー・リンチと前王者シャーロット・フレアーとトリプルスレッドTLC戦

ロウ女子王者のロンダー・ラウジーが試合に介入アスカをアシストする形になり

 

女帝アスカが勝利した。

ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーは納得がいかず挑戦をアピールしたが

すぐさま防衛戦が組まれた。

防衛戦の相手は盟友ナオミである。

 

試合は、アスカの必殺技アスカロックで防衛に成功

明日の女帝アスカ
2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカは言うロンダー・ラウジーの介入があってもなくても

結果は変わらないと自信を現した。

女帝アスカは、WWEで数多くの実績を積み自他共に認めるスーパースターとなった。

日本での防衛戦を視野に入れ

 

日本公演でスマックダウン女子王座のベルトをお披露目する。

Sponsored Link




女帝アスカ紫雷イオとカイリ・セインに提言

アスカは破竹の勢いでWWEを駆け上がった

無敗の記録や

男女混合での優勝

WWEスマックダウン女子王座挑戦

スマックダウン女子王座は2回目の挑戦で獲得した。

日本からWWEに参加している天空の逸女紫雷イオ

海賊娘カイリ・セインにこう提言する。

 

私はレアケースであり、日本から参加する選手に期待しすぎだと提言

WWEは世界最大のエンターテインメントプロレスでWWEに参加する事すら難しいという

WWE育成枠の紫雷イオやカイリ・セインなどは日本でスーパースターであったとしても

NXTでは新人である、NXT女子王座を獲得したカイリ・セインでさえ

いまだ、RAWやSDには昇格していない。

「カイリとイオはめっちゃ頑張ってる。以前はWWEに挑戦するだけですごいと言われたのに、最近は周りが本人に結果を求め過ぎている。海外での生活はホンマ、簡単やない。それなのにアスカを超えろ、だとか…。私はレアケース。比べんといてあげてほしい。そうしないと今後日本から来る選手に負担がかかる」

 

頂点に立った女帝アスカだから言える提言でもある。

しかし、アスカがスマックダウン女子王座を獲得した事で

日本からの参加を夢見る女子レスラーが増えるはずである。

 

マッハ文朱やビューティーペアからクラッシュギャルズ

そして数多くの名レスラーを排出した日本女子プロレス

女帝アスカの活躍が再び女子プロレスブームを巻き起こす予感もする。

Sponsored Link



あわせて読みたい記事