NJCベスト8メンバー

新日本プロレスNJCベスト8出そろった。

CHAOSのオカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、石井智弘、YOSHI-HASHI

本隊の棚橋弘至

ユニット無所属コルト・カバナはCHAOSの矢野通を破る金星でベスト8

2018年NJC覇者鈴木軍ザックセイバーjrは飯伏幸太を撃破

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンではSANADAが唯一生き残りベスト8に進出

内藤哲也とEVILが1回戦で姿を消す中

人気ユニットロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADAの快進撃が続く

1回戦後藤洋央紀とのレベルの高い攻防を見せたSANADA

 

2回戦では王様鈴木みのると対戦


鈴木みのるをも撃破したSANADA

SANADAはグラウンドへ持ち込むが、鈴木が右脚を取って逆襲。それでもSANADAはSkull Endへ持ち込むが、鈴木が再び脚を極めて巻き返す。
その後、この攻防が何度も繰り返され、鈴木の動きが止まった時点でSANADAが片エビ固めで押さえ込む。だが、鈴木が跳ね返し、両者へ向けた大コールで場内が騒然となる。
その直後、SANADAが青コーナー最上段へのぼり、今度こそラウンディングボディプレスで鈴木を押し潰す。そして、体固めで3カウントを奪い、28分45秒の死闘を制した。

 

スポンサーリンク




ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは内藤哲也のIWGPヘビー級挑戦やインターコンチネンタル王者

EVIL&SANADAはタッグでベルトを保持

しかしEVILとSANADAもオカダ・カズチカと同世代である

シングルのベルトも視野に入れる時はもう来ているだろう。

SANADAがベスト4に残るにはコルト・カバナに勝利すればとなるが

 

SANADAのベスト4への進出は後藤洋央や鈴木みのるという難敵を撃破したのと比べればハードルは低いかもしれない

 

しかしコルトは曲者矢野通と似たところがあり不意をつかれる可能性はある。

SANADAが油断しなければ現在のSANADAの実力ではベスト4は固い

 

一気に優勝が見えてきたSANADA

別ブロックではオカダ・カズチカとウィル・オスプレイがつぶし合い

石井智弘とYOSHI-HASHIの勝者が戦う事になる。

コルトに勝利し棚橋弘至とザックセイバーjrの勝者と戦う事になるSANADA

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの維持と内藤哲也越えを果たしたいSANADA

マイクを持ってコメントするSANADAが見られるのか?

SANADAのIWGPヘビー級挑戦が始まった。

スポンサーリンク



あわせて読みたい記事