運命の戦い高橋ヒロム

高橋ヒロムが首の骨折から復帰
ウィル・オスプレイからIWGPジュニアヘビー級王座を奪い返した。
ジュニアヘビー級最強。
負けなしとなったウィル・オスプレイの前に姿を見せた怪我欠場中の高橋ヒロム。

それだけではなく、東京ドーム大会レッスルキングダムでIWGPジュニアヘビー級王者となり。
全てが怪我の前の状態にリセットされた。

だが因縁の相手首を骨折した相手リュウ・リー。
高橋ヒロムは、対戦を強く望んだ。

高橋ヒロムとリュウ・リーの対戦はまさに凄まじく
相手をぶっ壊すそんな戦いである。

2018年7月首の重傷を負ったサンフランシスコ大会以来の戦い582日振りの運命の戦いとなる。
激しい、投げっぱなしのジャーマンを繰り返す高橋ヒロムとリュウ・リー
怪我をした高橋ヒロムと怪我をさせたリュウ・リーとは思えない遠慮ない戦い。

この戦いを通じて再び両者の違和感は払しょく。
そんな思いも伝わる戦いである。

ドラゴンドライバーの体勢に入るが、ヒロムがカナディアンデストロイヤーに切り返す。
それでもヒロムは変型デスバレーボムでリーをコーナーへ叩きつけ、TIME BOMBを狙う。だが、リーが変型カナディアンデストロイヤーへ切り返し、低空ランニングニーアタックで追撃。
続いてリーは、レインメーカー式ジャンピングニーアタックをヒロムへお見舞い。ところが、ヒロムがカウンターカナディアンデストロイヤーで逆転し、TIME BOMBを炸裂させる。
それでもヒロムは強烈なエルボーでリーを吹き飛ばし、2発目のTIME BOMBで轟沈した。

試合後高橋ヒロムはリュウ・リーに、人差し指を立ててリーに言葉をかける。
リュウ・リーもそれに答える。

まさに2人しかわからない世界が感動を呼ぶ。
582日振りの遺恨は払しょくされた。

高橋ヒロム夢の戦いへIWGPヘビー級王者内藤哲也戦

高橋ヒロムの夢は?
IWGPジュニアヘビー級王者のままIWGPヘビー級への挑戦
高橋ヒロムが復帰した時内藤哲也はその夢の実現を口にした。

内藤哲也VS高橋ヒロム実現か?

内藤哲也VS高橋ヒロムと対戦が夢と消えた。

東京ドームで2本のベルトを奪取し、今日、大阪城ホールで、2本のベルトを防衛した。次はいよいよ、あの男とのシングルマッチかな!?(※場内驚き&期待の声) 出て来い、高橋ヒロム!!(※大歓声&大拍手&大『ヒロム』コール)」
「ヒロム、俺とシングルマッチをやるのか? やらないのか? シー・オー・ノー?(※Si o no?=イエスかノーか?) お前の答えを聞かせてくれよ

高橋ヒロムは練習生の頃内藤哲也にプロレスを教わった。
高橋ヒロムが海外遠征に行く前に、高橋ヒロムが帰ってきたら師弟対決を約束していた。

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者となったロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也。
IWGPジュニアヘビー級王者となったロスインゴベルナブレス・デ・ハポン高橋ヒロム。
夢の対決実現は?

あわせて読みたい記事