プロレス王鈴木みのる次の獲物

鈴木軍鈴木みのるが、同級生対決永田裕志とタイマン勝負で勝利。
NEW JAPAN CUP 2020で永田裕志に敗戦した、鈴木みのる.
永田裕志にリベンジを果たした。

誰も思ってない所に行くと言う鈴木みのる。
近づくG1クライマックス。

次行くぞ、次。もう目星はつけてある。(不気味な笑みを浮かべながら)次行くとこは決めてるんだよ、ハハハハ。まさか俺が来るとは思ってねえだろうな、ハハハハ。鈴木みのるの手にかかれば、あいつも、こいつも、そいつも、お前もーッ! 絞め落としてやる。ぶちのめしてやる! おい! 俺の名前を言ってみろ! そのテレビの向こうで言ってみろ! 俺の名前は鈴木みのる……」

休場後、永田裕志を付け狙う

NEW JAPAN CUP 2020で永田裕志と対戦した鈴木みのる。
永田裕志と7年振りの対戦をした、鈴木みのる。

お互いアマレスの頃からのライバルの間柄。
鈴木みのるのスリーパーを切り返した永田裕志は鈴木みのるをバックドロップ葬。

永田裕志と鈴木みのる
画像出典元
NJPW

ここで終わらないのがプロレス王鈴木みのる。
鈴木みのるは、発熱の為休場。

永田裕志はオカダ・カズチカに敗戦2人のNEW JAPAN CUP 2020は終わった。
休場から復帰した鈴木みのるは、すかさず永田裕志の元へ。

永田裕志にタイマン勝負を要求した。
タイマン鈴木みのるらしい表現。
永田裕志も鈴木みのるのタイマン勝負に答え実現。

後楽園ホールのメインで実現
フロントハイキック、エルボーと意地に張り合いが続く両者
試合終盤張りて合戦を制した鈴木みのるは、エルボーで永田裕志を倒した。
最後はゴッチ式パイルドライバーで永田裕志を沈めた。

ゴッチ式パイルドライバー
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

永田裕志は、鈴木みのるとの戦いを継続する発言はせず。
一方鈴木みのるは、目星は付けてあると次の戦いに向けて動き出した。

鈴木みのるのターゲットとは?

気になるのは鈴木みのるのターゲット?
現在新日本プロレスでは、オカダ・カズチカと高橋裕二郎が戦い。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退した、EVILと内藤哲也のBULLET CLUBとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの抗争中。

棚橋弘至&飯伏幸太とタイチ&ザックセイバーjrの抗争。
マスター・ワトを付け狙う鈴木軍。
思いもかけない所にしゃしゃり出る可能性もある鈴木みのる。

魅力的なタイトルはEVILの保持する、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル。
EVILに目星を付けたとなれば、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンまじえた抗争は複雑になる。
鈴木みのるがどこにターゲットを絞ったのかそこに注目したい
鈴木みのるが動けが大荒れの展開は否めない。

鈴木みのるの狙いは、鷹木信悟のNEVER無差別のベルト

NEVER無差別6人タッグトーナメントでロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
鷹木信悟、SANADA、BUSHIと対戦した鈴木みのる。
鈴木みのる、試合に敗戦した鈴木軍だが鈴木みのるは、NEVER無差別シングルを保持する
鷹木信悟のベルトを持ち去ろうとした。

取りに来いよと挑発する、鈴木みのる。

鷹木信吾を挑発する鈴木みのる
画像出典元
NJPW

明らかに、NEVER無差別シングルへ挑戦の意思表示
鷹木信悟も、鈴木みのるに、そういう事だなと・・・
鈴木みのるの次なるターゲットはNEVER無差別と判明対戦相手を求めていた、鷹木信悟
プロレス王鈴木みのるの登場。
新日本プロレス、神宮球場での決戦が濃厚となった。

鈴木みのるは2019年G1クライマックスに落選。
ベルトをとってG1クライマックスにエントリーしたい。
ターゲットにされた鷹木信悟。
新日本プロレス NEVER無差別級王座戦、鈴木みのるVS鷹木信悟

あわせて読みたい記事