ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也不利な戦いは続く

バレット・クラブEVILとロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の抗争が激化してきた

神宮球場決戦まで前哨戦が続く、バレット・クラブEVILとロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

EVILはデック東郷を従え、縦横無尽に動きロスインゴベルナブレス・デ・ハポンから勝利を重ねる

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の最初のパレハキング・オブ・ダークネスEVIL

 

内藤哲也の事を、お前のやることは全てお見通しと豪語

言う通り、試合で勝利を重ねる。

 

現在石森太二とIWGPジュニアヘビー級防衛戦を控える高橋ヒロムは、怪我で欠場

BUSHIと鷹木信吾、SANADAはNEVER無差別6人タッグトーナメントに出場が決まっている

 

鷹木信吾とSANADAはまだ、EVILとの戦いに参戦していないが

このままだと内藤哲也が不利な前哨戦は続く



ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンに快勝を続けるEVILに内藤哲也が心理戦

内藤哲也が仕掛けた心理戦は、EVILになんか被るんだよな俺と試合後のコメントでEVILを牽制

2016年ニュージャパンカップを制覇した内藤哲也は、SANADAを登場させ

 

オカダ・カズチカからIWGPヘビー級王座を強奪した

しかしその後防衛戦を1回クリアするも、前王者オカダ・カズチカにIWGPヘビー級を奪還された

 

この事を受け、EVILがやってる事は俺と同じで、神宮球場で負けたらまさにデジャヴ状態である

この頃の内藤哲也は反則は上等
ベルトは投げ捨て、対戦相手に唾を吐きかけ
まさに制御不能であった。

俺だけが見える景色華麗なるモデルチェンジ内藤哲也新日本プロレス制圧

内藤哲也もロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを新日本プロレスに登場させ
試行錯誤の中ファンの心をつかんでいった

あの制御不能と言われた、内藤哲也の姿は今はないが、また違う形で大きな支持を集めた
2016年オカダ・カズチカから反則でIWGPヘビー級王座を奪ったが、2回目のIWGPヘビー級王座は2020年まで時間を要した。

 

しかし内藤哲也はIWGPジュニアヘビー級王者ではなくともプロレス大賞を2年連続受賞したり

多くのファンから支持を得るようになった

 

内藤哲也は、常々ファンの皆様と発信する

今EVILがやってる事は長続きする事ではないそう言いたげな内藤哲也

 

しかし同じ事が再び起こるとも言えず、デジャヴを起こす内藤哲也と新たな時代を築くEVILとの戦いは

神宮球場で決着が付く。

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也もこのまま引き下がるわけにはいかない

大きな心理戦を仕掛け、EVILを揺さぶりIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタルを奪還する。



あわせて読みたい記事