オカダ・カズチカプロレス五輪開催へ

プロレス業界の顔となったオカダ・カズチカがプロレス五輪開催へ動く

五輪即ち五大陸対抗を表す大会となる。

 

オールスターではなく五輪と言う言葉を使ったオカダ・カズチカ

2020年レッスルキングダムで内藤哲也から至宝IWGPヘビー級王座を奪われたオカダ・カズチカ

今丸腰のオカダ・カズチカは五輪開催へ動く事を明言した。

 

オカダ・カズチカの構想は東京オリンピックイヤーの年にプロレスも乗っかる

WWEやAWEから選手を招いて業界活性化に動く思いである。

 

反応はいまいちとオカダ・カズチカは言うが実現すれば面白い企画となる

 

AEWケニー・オメガ新日本プロレス登場も

2019年レッスルキングダム登場後退団したケニー・オメガ

現在新団体AEWで副社長を務める

All Elite Wrestling

 

大富豪である、シャヒド・カーン親子が設立した団体となる。

新日本プロレスや世界で注目されていたケニー・オメガに白羽の矢が立った訳だが

 

現在新日本プロレスには、AEW世界王者クリス・ジェリコやジョン・モクスリーも新日本プロレスリングに上がる

 

ジョン・モクスリーに関しては2020年1月現在IWGP USヘビー級王者である。

AEWの参加が可能か?となればまんざらでもなく

 

ケニー・オメガもタイミングを見計らい新日本プロレス再登場となる可能性は否めない。




WWE中邑真輔の参加は?

新日本プロレス棚橋弘至の盟友オカダ・カズチカの師匠的な存在中邑真輔

新日本プロレスからWWEへ移籍NXT王者となり、スマックダウンで新日本プロレス時代のライバル

AJスタイルズとWWEのベルトをかけて話題を振りまく。

 

WWE・ユナイテッドステイツ王座のベルトを2度獲得

2020年1月現在2019年7月フィン・ベイラーからWWE・インターコンチネンタル王座を奪取

フィン・ベイラーとは元バレット・クラブのプリンス・デヴィットの事である。

現在のWWE世界ヘビーは、ブロック・レスナーである

ブロック・レスナーは新日本プロレスでIWGPヘビー級王座も獲得

当時の格闘技ブームの影響でK-1やHERO’Sへの参戦を表明

契約違反で負けることなく王座剥奪となっている。

ブロック・レスナーがオカダ・カズチカと対戦レインメーカーが炸裂など夢は広がる

そのような世界の猛者を集める事ができればプロレス五輪は、WWEの「WWE LIVE JAPAN」を凌ぐ可能性もある。

「WWE LIVE JAPAN」
画像出典元
「WWE LIVE JAPAN」
(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEジャパンは28日、日本公演「WWE LIVE JAPAN」の開催を発表した。7月2日エディオンアリーナ大阪第1競技場、同3~4日横浜アリーナと豪華な3連戦となる。 参加メンバーはインターコンチネンタル王者の中邑真輔(39)を筆頭に、WWE女子タッグ王者のアスカ(38=華名)、カイリ・セイン(31=宝城カイリ)組らが凱旋帰国を果たす予定だ。

中邑真輔の凱旋など実現すれば大成功は間違いない

オカダ・カズチカの提唱するプロレス五輪開催は盛り上がり間違いなしであろう。

 



あわせて読みたい記事