アメリかダラス試合 オカダ・カズチカVS棚橋弘至

G1クライマックス29開幕はダラスで開催。
昨年度優勝の棚橋弘至とIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカとの対戦。

現在棚橋弘至とオカダ・カズチカは共闘しており
その戦いは殺伐したものではなく、互いがリスペクトした戦いになるであろう。
怪我から復活した棚橋弘至とIWGPヘビー級王座を奪還したオカダ・カズチカ
勢いはオカダ・カズチカにある。

オカダ・カズチカがIWGPヘビー王者のまま優勝もあり得る大会と考えたら
G1クライマックス29でオカダ・カズチカに勝った選手がG1クライマック後のオカダ・カズチカへの挑戦権が与えられると考えたら
どの選手もオカダ・カズチカに対して目の色を変えてくるであろう。

棚橋弘至も昨年オカダ・カズチカの失速に伴いケニー・オメガとのイデオロギー闘争を展開IWGPヘビー級王座に返り咲いた。
それくらい棚橋弘至にとってもオカダ・カズチカ戦は重要な試合になる。
棚橋弘至が自らを老化と認めながら、復活力をアピールする。
注目のオカダ・カズチカVS棚橋弘至

試合結果〇オカダ・カズチカVS✖棚橋弘至 レインメーカーから体固め。
棚橋弘至のG1クライマック29初戦敗退は連覇に大きくブレーキ。

飯伏幸太VS KENTA

KENTAは新日本プロレスの選手がどう感じてくれたら良い?との質問に
違和感と答えた。
自分は違和感そのものでなければいけないと言うKENTA。
プロレスの試合は対戦を重ねると、お互いスイングして好試合が生まれる。
違和感と言えば新日本プロレス VS UWFの対抗戦。
全ての試合が違和感であった。

噛み合わない。グダグダの試合もあった。その違和感は、ゾクゾク感を与えてくれた。
KENTAと飯伏幸太の試合。まさにそのゾクゾク感を与えてくれる可能性を秘めた戦いである。

内藤哲也VSジョン・モクスリーの試合もドルフィンズアリーナ大会で決まった。
インターコンチネンタルを巻いたままIWGPヘビー級王座を目指す内藤哲也。
IWGP USヘビー級王者ジョン・モクスリーをまずは撃破したいところ。

あわせて読みたい記事