N―1 VICTORY

新生プロレスリング・ノアとなって打ち出したN―1 VICTORY

新日本プロレスのG1クライマックが飯伏幸太の優勝で幕を閉じた

 

メジャー団体のプロレスリング・ノアもG1クライマックスに負けじと

N―1 VICTORYで存在感を表す覚悟であろう。

 

新日本プロレスには数多くの人気者のタレントが存在する

その売り出し方も他の団体とは破格の違いがある。

その新日本プロレス1強となった日本のプロレス界ではあるが

 

ジャイアント馬場や三沢光晴の血が流れる選手がまだ多く存在する。
その存在感は試合で表す。

そのプロレスリング・ノアのN―1 VICTORYに注目である。

 

その新生ノアが打ち出したN―1 VICTORYにGHCヘビー級チャンピオンの清宮海斗は不参加で

優勝者とタイトルマッチを行う。

 




N―1 VICTORY参加選手

プロレスリング・ノアと言えば古参の丸藤正道と杉浦貴と言うイメージから

新生プロレスリング・ノアは、若き王者清宮海斗へとシフトを変えている

「N―1 VICTORY」覇者を両国国技館で待つ清宮海斗

N―1 VICTORY
画像出典元
プロレスリング・ノア
東スポWEB
N―1 VICTORY

その丸藤正道や杉浦貴は同じAブロックで参戦となる。

丸藤正道

「俺の中では両国国技館(11月2日)の挑戦者決定戦という考えはない。日本人との戦いは飽きてきたので、外国人選手に目を向けたい。同ブロックのアレックス・ハマーストーンにはメチャクチャ興味ある。(対抗ブロックの)イホ・デ・ドクトル・ワグナー・Jr.、決勝戦に出て来い。(日本人勢を見渡し)お前らに興味はない!」

G1クライマックス29で爪痕を残しバレット・クラブ入りしたKENTAに負けれない丸藤正道

 

衝撃的な展開・・G1クライマックスKENTAバレット・クラブ入り・・・

日本人対決は飽きたと言う丸藤正道に杉浦貴は?

杉浦貴

「N―1 VICTORYの覇者と今のGHCヘビー級王者(清宮海斗=23)、どちらが強いのかを両国で証明する。(マークするのは)最近どうしちゃったのか心配な丸藤正道かな。それと谷口(周平)、お前、何言ってるのか分からないけど、ここで負けたら本当にヤバ谷園だぞ!

 

同じブロックで対戦する、杉浦貴と丸藤正道この2人がAブロックを動かしていく

潮崎豪もAブロックに参戦

盟友Bブロックの中嶋勝彦と決勝で対戦を希望する潮崎

Aブロックはこの3人を中心に動きそうであるが

 

新生プロレスリング・ノアとしては新しいスターが誕生する事が望ましい。

 

Bブロック

中嶋勝彦

オカダ・カズチカと同世代の中嶋勝彦「N―1 VICTORY」を制覇して

一気にノアの頂点を目指すか?

 

拳王

いつも、コメントが厳しい拳王

GHCヘビー級王者が逃げた。N―2 VICTORYか? 怖くて出場できなかったんだろ。俺が必ず優勝する。そして日本プロレス界のリーグ戦といえば新日本プロレスのG―1クライマックス、全日本プロレスのチャンピオン・カーニバル、そしてノアはN―1 VICTORYだという事実を、テメーらノアのクソファンどもに印象づけてやる。公式戦? 親会社が甘やかして出てこなかった清宮の顔を思い出して戦うよ」

一度はプロレスリング・ノアの将来の為共闘した清宮海斗を腑抜けと言わんばかりの

コメントを残した。

新生プロレスリング・ノアに新たなスターが生まれるのか?

 

丸藤正道や杉浦貴がぞの牙城を守り抜くのか注目のN―1 VICTORYが開幕する



あわせて読みたい記事