KENTA BULLET CLUB入り

KENTAを新日本プロレスに導いた柴田勝頼
G1クライマックス終了。
KENTAはWWEでは、出来なかったプロレスを満喫。

試合後も、新日本プロレス選手と清い握手を交わした。
G1クライマックス29は、連勝するKENTA、優勝の可能性も?

だが、終盤連敗でG1クライマックスの厳しさを思い知らされたKENTA。
後半ではKENTAに注目が薄れた事は否めない。

飯伏幸太とジェイ・ホワイトの優勝戦前に、KENTAがとんでもない事をやってのけた。
石井智宏とYOSHI-HASHIと組んで、BULLET CLUBと戦ったKENTA。

試合終盤石井智宏がタッチを求めた。その瞬間リングを降りたKENTA。
唖然とする展開に会場は騒然となる。

そして石井智宏はそのままピンフォール負け。
石井智弘は、怒りを表す。リングに上がった柴田勝頼から制裁を受けるKENTA。

試合後、KENTAが不敵な笑みでマイクを握ると、怒りの柴田が奇襲。だが、BULLET CLUBがこれを鎮圧し、場内は大ブーイングに包まれた。

柴田勝頼
画像出典元
NJPW

柴田勝頼はBULLET CLUBから返り討ちをくらう。
KENTAは世話になったある意味盟友の柴田勝頼を裏切った。

柴田勝頼は、KENTAをG1クライマックスに出場させた恩人。
だが、KENTAは次の展開を考え行動を起こす。
このまま埋もれる事は出来ない。KENTAの選択はヒールBULLET CLUBを選択した。
ヒールで新日本プロレスと戦う決断。

KENTAがバレット・クラブ
画像出典元
NJPW

試合後怒りを表す石井智宏と柴田勝頼。
石井智宏は最初から、BULLET CLUBに行けと怒鳴る。

柴田勝頼は、KENTAは久々に声援を受けたから嬉しかっただろう。KENTAに言われ不快感を表した。
石井智宏のNEVER無差別戦がKENTAと実現の可能性も出てきた。

飯伏幸太もKENTAを指名か?

G1クライマックス覇者飯伏幸太。レッスルキングダムメインの権利証を防衛するが
G1クライマックスAブロックで敗戦しているKENTA、指名する可能性が出てきた。

KENTA
画像出典元
NJPW

関連・・・飯伏幸太がレッスルキングダムメインの権利をかけてKENTAを指名か?

BULLET CLUB入りしたKENTAにとって追い風?
正攻法で挑まず、BULLET CLUBメンバー総動員で、飯伏幸太から権利証を奪いに行く可能性もある。
KENTAのレッスルキングダムメインが見えた来た?

KENTAのBULLET CLUB入り全貌

新日本プロレス本隊と融合など考えられないKENTAは、新日本プロレスで生き残るためにBULLET CLUB入りを果たす。

あわせて読みたい記事