マイケル・エルガン日本プロレスに復帰

3月に新日本プロレスを惜しまれて退団したマイケル・エルガンが再び日本に復帰した。
驚異的なパワーの持ち主のマイケル・エルガン。
エルガン・ボムや小橋建太必殺技バーニングハンマーなどでを繰り出し
NEVER無差別級6人タッグのベルトや、現在内藤哲也の保持するインターコンチネンタルのベルトも腰に巻いた実力者。

実力者の多い新日本プロレスでは2018年G1クライマックスに出場するもAブロック最下位となり。
2019年新日本プロレスを退団した。

そのマイケル・エルガンが新天地に選んだ団体は関本大介のいる大日本プロレスである。
新日本プロレスを退団したマイケル・エルガン

新日本プロレス人気者マイケル・エルガン、ヤングライオン金光輝明退団





マイケル・エルガン大日本プロレス登場

マイケル・エルガンが大日本プロレスに登場関本大介と対戦した。

アメリカで試合をこなしてきたマイケル・エルガンのコンディションは良い日本屈指のパワーファイター関本大介とガチンコ勝負。

マイケル・エルガン
画像出典元
大日本プロレス
東スポWEB

新日本プロレスを3月に退団した元IWGPインターコンチネンタル王者のマイケル・エルガン(32)が24日、大日本プロレスの東京・後楽園ホール大会に初参戦。関本大介(38)とのシングルマッチで勝利を収めた。 敗れた関本は「エルガン、今夜はありがとう。だが、俺はファイティングスピリットをキープしている。明日、お前を打ち砕く」と英語で返すと、日本語で「お前はこれからずっと俺と戦え。明日、名古屋でリベンジしてやる」と絶叫した。

新天地大日本プロレスに登場したマイケル・エルガンと関本大介の戦いが始まる。

あわせて読みたい記事