ジェイ・ホワイト新インターコンチネンタル王者

チャンピオン内藤哲也

チャレンジャージェイ・ホワイトでインターコンチネンタルタイトルマッチ

 

ここもまた、G1クライマックス公式戦の余韻

公式戦で内藤哲也に勝利したジェイ・ホワイトは、内藤哲也に堂々と挑戦した

 

内藤哲也もジェイ・ホワイトの実力を認め

前哨戦を楽しむ

 

しかしここで内藤哲也が敗戦となれば連敗

IWGPヘビー級王者とインターコンチネンタル2冠から大きく遠のくことになる

 

ジェイ・ホワイトは2019年もっとも飛躍した選手である

オカダ・カズチカに勝利

 

棚橋弘至からIWGPヘビー級王者を奪う

もはやジェイ・ホワイトの実力を疑う余地はない。

 

あのふてぶてしい態度は大物の片理ものぞかせる

若手である。

 

もはや若手の域に収まる事では説明が付かなくなった

ジェイ・ホワイトはケニー・オメガに続くエースとなった。

画像出典元
NJPW
ジェイ・ホワイト

試合は、外道の介入は予想済みの内藤哲也

うまくかわしたが、内藤の攻撃をかわした

ジェイ・ホワイトは必殺技ブレードランナーをきめて

 

内藤哲也からピンフォール勝ちを奪って

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也から2連勝となった。

 

改めて2冠宣言をしたジェイ・ホワイト

レッスルキングダムでIWGPヘビー級王座とWタイトルマッチを望む

 

2冠を言い出した内藤哲也であったが飯伏幸太、ジェイ・ホワイトが同じく2冠を宣言

言い出しっぺの内藤哲也であったが早くも脱落となった。




2冠を王座を宣言後藤洋央紀

後藤洋央紀はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン鷹木信悟と対戦

鷹木信悟は、G1クライマックス公式戦で後藤洋央紀を破っており

 

ヘビー級転向の切っ掛けを作った。

後藤洋央紀の挑戦を受けるが勝利した暁にはインターコンチネンタルに挑戦を要求

しかし結果は、後藤洋央紀がGTRで鷹木信悟から勝利

 

ここで後藤洋央紀が動いた

内藤哲也に勝利したジェイ・ホワイトの前に現れ

 

G1クライマックス公式戦でジェイ・ホワイトに勝利している

後藤洋央紀がインターコンチネンタル挑戦を要求

そして後藤洋央紀までも2冠王座を宣言した。

 

全く予想が付かない状況に陥ったIWGPヘビー級とインターコンチネンタルの2冠宣言

新日本プロレスはIWGPヘビー級VSインターコンチネンタル王者の対戦認めるのかも注目である。



あわせて読みたい記事